Categories
Hariban Award News

Hariban Award 2020 Award Recipients

It is with great pleasure that we announce the results of this year’s Hariban Award.

Grand Prize Winner|Maude Arsenault

Artist Biography:

Maude Arsenault is a photographer and artist in addition to being the mother of three children. After years spent living in Sydney, Paris and NYC as a fashion photographer she is now currently living in her hometown of Montreal, Canada. Over the last few years she has completed studies in art history and she is now pursuing an MFA in visual arts at Université du Quebec in Montreal.

In March 2019, she was selected to attend Chico Review, in Montana where she met Clint Woodside (DeadBeatClub Press), who published in 2020 her first monograph, Entangled. Maude’s photography work invests the themes of construction of female identity, private spaces, domesticity and intimacy through a documentary, collage and portraiture approach.

Maude reflects on the current social condition of female identity, a state that compels us to question the foundations to which young women today refer in the way they form and shape. As an artist and a mother, and the way social structures and history are imposing on us certain schemas and blameworthiness, Maude questions how the traditional patriarchy models implies on girls and women, ideals that still today in 2020, can results in disappointment, lack of confidence and mental health issues. Maude works in digital, analog and in polaroid both in colour and black and white.

アーティストの経歴:

モーデ・アルセナートは、三人の子どもを育てながら写真家、作家として活動しています。数年間ファッション写真家としてシドニー、パリ、そしてニューヨークに滞在し、近年は故郷であるカナダ・モントリオールを拠点に活動しています。過去には美術史を修学し、現在モントリオール・ケベック大学大学院に在籍し視覚芸術について研究をしています。

2019年3月、モンタナで開催されたChico Review(ポートフォリオ・レビュー)に選出され、そこでDeadBeatClub Pressのクリント・ウッドサイドと出会ったことがきっかけで、2020年初頭に作品集「Entangled」を出版しました。モーデは、ドキュメンタリー、コラージュやポートレートの技術的アプローチをとおして、女性のアイデンティティ、個人的空間性、家庭性、親密な関係性をテーマに作品を構築しています。

モーデは彼女の作品に現代社会で女性のアイデンティティがおかれている状況を投影し、今日の若い女性が彼らの在り方を形成する上で何を参考としているのか、その有り様を私たちに強く問いかけます。作家として、母親として、社会構造や歴史が特定の図式や非難を私たちに強いているとして、モーデは伝統的な父権社会の仕様がいかに少女や女性に影響するのか、2020年の今も理想とされることが、失望感や信頼感、健全な精神状態の欠如という結果をもたらす可能性があると問うています。作品制作には、デジタル、アナログ、ポラロイド、またカラー、白黒写真を問わず使用します。

Winning body of work: Entangled 1 & 2

Entangled is a photo series from my first photobook published with Deadbeatclub Press that encapsulates a pivotal moment for my work, representing a shift in perspective in personal responsibility.

After years dedicated to creating glorified images of women, through a twenty year fashion photography career, I came to question my role and influence in the transmission of models of femininity. Albeit informed by a progressive, non-binary upbringing, this introspection became ultimately necessary, in the context of motherhood as I am raising three children including a teenage girl. Entangled, invokes the French word carcan, meaning “ploy” or “ambush,”or “ideological trap”, to explain the underlying motivation for making the spare and evocative pictures in this series. I mean that becoming an adult, a female photographer and a parent has given me distance and perspective on the cultural demands made on the bodies and societal roles of women, and particularly on life choices which have been constricted or even foreordained.

I call this work series “a poem, an ode, a shout out,” and one can sense that the quiet power of the series lies in the contradictions still unresolved even as I gain in experience and independence as an older women. I feel often trapped in the person I have been trying to be my entire life but now, at 47 and back to grad school and critical thinking, my perspective over female representation and patriarchy is clearer and I try to offer an optimistic female gaze that bring wider representation of girls and woman’s worlds.

– Maude Arsenault

受賞作 “Entangled 1 & 2” (「もつれた 1 & 2」)

“Entangled 1 & 2”は、Deadbeatclub Pressから出版した私のはじめての写真集です。私の仕事として重要な瞬間のものを詰め込み、個人の責任における考え方の変遷を表現したシリーズとなりました。

20年間を費やしたファッション写真界でのキャリアを通し、女性を賛美するイメージを作り出すことに専念した私は、私の役割や女性モデルが与える影響力に疑問を感じるようになりました。とはいえ、私自身は女性か男性かというような二分的な考え方の環境下で育ったわけではなく、この内省は、少女も含む3人の子どもを育てるという過程の中で、いずれにせよ必要となりました。タイトルのEntangled(日本語でもつれる、絡ませるの意)は、フランス語では拘束装置を連想させ、「策略」や「待ち伏せ攻撃」、「思想的罠」といった意味を持ちます。この表題によって、シリーズにスペアとして並走する刺激的なイメージがもたらされることを潜在的動機として表しています。つまり、私が大人になり、女性の写真家として活動し、そして親となったことが、女性の身体に向けられた文化的要求や社会的役割について、また女性として制限され、あらかじめ定められた人生の選択に対する、距離の置き方や考え方を教えてくれました。

私はこの作品シリーズを「詩、叙情詩、叫び」と呼んでいますが、経験を持ち自立し、年を重ねた女性となった今も未解決のままであるという矛盾を、このシリーズの静的な力として感じていただけると思います。自分の人生の全てにおいて、私自身であろうとすることに捉われていると感じることもありますが、47才になった今、大学院生活と(アカデミックな)批判的思考に舞い戻り、私の女性性の表現と父権社会に対する考え方がより明確になったことで、楽観的な女性の視点をとおして少女や女性の世界をより幅広く表現することに挑戦しています。

–  モーデ・アルセナート

 

Juror’s Choice Awards

Marianne Bjørnmyr  – selected by Felix Hoffmann for the work 31 Indicative Objects
Paula Damasceno – selected by Lucy Gallun for the work Offerings
Raymond Meeks – selected by Emma Bowkett for the work Cyprian Honey Cathedral
Dan Winters – selected by Ma Quan for the work Chemical Realities

 

 

Benrido Award

Liz Johnson Artur  – selected by CEO/Owner Benrido, Inc. Takumi Suzuki for the work Black Balloon Archive (past & future)

 

 

Honourable Mentions

Dana ArielPunctuated Land
Emanuel Cederqvist – Looking at an Obstacle
Ron Jude15 Hz
Kovi KonowieckiDriftwood
Jin Li – Secret City
Ronit PoratThrough The Eyes of A Nightbird
Eugenie ShinkleCuts
Dustin ThierryOpulence

 

2020 Winning Photographers Work|2020年 受賞作品

Please enjoy a few photos selected from this year’s Finalists from the Juror’s Choice Awards, Benrido Award, and Honourable Mentions. Their work will be printed and published in collotype in the annual Hariban Award Catalogue to be released in 2021.

今年のファイナリストから選出された審査員賞、便利堂アワード、奨励賞の受賞者の作品を紹介いたします。これらの作品は2021年に出版される、ハリバンアワード公式カタログにコロタイプで印刷されます。

 

We are deeply honoured to have received an array of exceptional work this year and we are very excited to be able to congratulate and announce the 2020 Hariban Award Winners. The level of work we received from across the world has been incredibly high and it is with great pleasure to be able to welcome and congratulate Maude Arsenault as the 7th Grand Prize recipient of the Hariban Award for her outstanding submission Entangled 1 & 2.  We are incredibly thankful to have had Ma Quan, Felix Hoffmann, Emma Bowkett and Lucy Gallun as Jurors and are deeply grateful for their time and dedicated efforts to help select this year’s winners.

It is also our honour to have the opportunity to commend the 13 finalists whose work were awarded with Honourable Mentions, Juror’s Choice Awards and a newly made Benrido Award.

The work by Liz Johnson Artur has been awarded with the Benrido Award to commend a body of work selected by CEO/Owner of Benrido Takumi Suzuki. The Juror’s Choice Award winners Marianne Bjørnmyr, Paula Damasceno, Raymond Meeks and Dan Winters have been selected especially by each Juror for their entries. Honourable Mentions have been awarded to Dana Ariel, Emanuel Cederqvist, Ron Jude, Kovi Konowiecki, Jin Li, Ronit Porat, Eugenie Shinkle & Dustin Thierry for each of their exceptional submissions which were also runners up for the Grand Prize. 

This year’s 14 finalists will have a selection of their work printed in collotype and published within the annual Hariban Award Catalogue which will be released in the new year.

便利堂が主催するハリバンアワード2020には、今年もたくさんの素晴らしい作品が寄せられました。今日ここにその受賞者を紹介し、また祝福できることをとても光栄に思います。世界中から応募された作品のレベルや熱意はとても高く、審査はより難しいものとなりました。そして何よりも、私たちの工房へ変わらぬ関心をお寄せいただいたことに励まされました。この場を借りて御礼申し上げます。今年は、応募作Entangled 1 & 2「もつれた1&2」によって7人目のハリバンアワード最優秀賞受賞者モーデ・アルセナートを選出いたしました。審査員を務めてくださった、マ・クゥアン、フェリックス・ホフマン、エマ・ボウケット、そして、ルーシー・ガルン各氏には、ご多用にかかわらずファイナリストの選出に惜しみないご協力をいただいたことに心から感謝申し上げます。

さらに、審査員賞、奨励賞、そして今年新たに設けられた便利堂賞の受賞者に選ばれた13名をここに紹介できることを嬉しく思います。特に際立った魅力を放ったリズ・ジョンソンの写真群は、便利堂の代表取締役鈴木巧によって便利堂賞に選ばれました。審査員賞には、個々の審査員によってマリアンナ・ビュルンミール、ポーラ・ダマシーノ、レイモンド・ミークス、ダン・ウィンタースの作品が選出されました。そして、奨励賞に輝いたダナ・アリエル、エマニュエル・セデルクヴィスト、ロン・ジュード、コヴィ・コノヴィエキ、ジン・リー、ロニット・ポラート、ユジニー・スィンクル、そしてダスティン・ティエリの作品は最優秀賞に劣らぬ素晴らしい作品であり、高得点を獲得しました。

これら14名のファイナリストの作品は、来年出版予定のハリバンアワード公式カタログにコロタイプで印刷され掲載されます。

 

What’s next?

With travel restrictions still being incurred due to the global pandemic, we will carefully discuss together with Grand Prize Winner Maude Arsenault to decide what would be possible with her residency during these times. We will be sure to share updates on the progress and decision of the residency for this year in the coming days. Be sure to follow us on our Instagram account for the latest news. 

今後の展開

世界規模パンデミックを受け、依然として旅行制限が敷かれているため、私たちは最優秀賞受賞者モーデ・アルセナートと相談の上、今年のレジデンスと展覧会開催の予定について慎重に対応する予定です。その上で、皆様には随時進捗をお知らせいたします。ぜひ私たちのInstagramアカウントのフォローをお願いいたします!

Categories
Hariban Award News

Hariban Award 2019|Grand Prize Winner Interview: Margaret Lansink

We are delighted to have Margaret Lansink as this year’s Hariban Award Grand Prize Winner. Before welcoming Margaret for her residency in December, we had the opportunity to speak and talk about her winning body of work “Borders of Nothingness — On the Mend”

Could you tell us a little bit about yourself and what first drew you to photography?

I was born and raised in a little town in the east of Holland as the youngest daughter in a family
 with 13 children. As long as I can remember, I’ve been interested in drawing, painting and creating collages. 
When I was 7 years old I made a lot of collages for a friendly neighbour. For every collage I gave
 him, I got back a photo. Here is where my love for photography started. When I was a teenager I 
discovered my father’s camera and started experimenting with it. It gave me the opportunity to
 capture moments of joy and solitude.
 Some 10 years ago, I decided to break up my marriage and say goodbye to my old life. I moved
 from my little hometown to Amsterdam and started studying photography at the Photo Academy 
in Amsterdam. At that time, photography felt for me the ultimate way to express my emotions. My camera followed (and still follows) me every step of my way, purely intuitively capturing memories
 and moments and filling the voids in my life. Photographing simply became a necessity for me.
 My way to tell my story. Not as a documentary, but more as a novel, based on my inner 
experience. And for the spectator to read with their own feelings, thoughts and associations.

What first sparked your interest to apply to the Hariban Award?
 

In the second year of the Photo Academy Amsterdam, Awoiska van der Molen came to speak
 about her work. I found her and her work incredibly inspiring, so I started following her on the
 internet and social media. She won in 2014 and when I was in Kyoto in 2017 during an Artist Residency, I absolutely wanted to have look at Benrido and buy the catalogue of her work, 
which unfortunately was sold out. Yet the people at Benrido were so kind to show me the studio.
 From this moment on I have submitted. And more than a dream came true this August 30th, 
when I opened the mail from Benrido. I had to sit down and was very touched. It took me a few 
days to truly believe that it really was going to happen: working with the great artisans and even
 master printer Yamamoto-san. So happy and grateful. Thank you so much!!

Could you explain your approach to making work and the central themes you explore?

Visual investigation of the relationship between humans and their (physical) environment is the 
main focus of my work. Who we are is often determined by our social environment and (family) 
history. How we build our self-esteem, often determines how we look to the outside world and 
how we react to the other. For me, I often feel like a spectator; looking from the outside into what 
happens, how and why the other and I interact as we do. In my work, I’m exploring these
 relationships, trying to bridge the personal and universal. My work comes purely from my intuition 
inspired by my intricate web of memories, emotions, expectations, fears and desires. This also 
favours a different way of experiencing my work; not as a reflection of a reality, but more as an
open, artistic invitation to interact with your own memories.

You will soon be travelling to Kyoto to work with the artisans at Benrido, do you have any thoughts or hopes of how you imagine your work will be translated as collotype prints? – Is there
 an aspect of the award you are most looking forward to?


I am so incredibly grateful and honoured to have the opportunity to work in the legendary Benrido Atelier. To learn this world-renowned technique from your master printers, which transcends time,
technique and modernism. A Collotype print is so much more than a fine art print; a truly precious 
work of Art. I feel very excited to explore how my work will gain an extra dimension as a Collotype
 print and looking forward to work over a longer period on the printmaking process. Because I love
 and admire the artisan way. Absolutely an experience that will stay with me for the rest of my life.

まず自己紹介と写真に惹かれたきっかけを教えてください。

私はオランダ東部にある小さな町で、13人兄弟の末っ子として生まれました。物心がついた頃には、私はすでにドローイングや絵画やコラージュ作品を作ることに興味を持っていたようです。そして7歳の時だったか、親しくしてくれていた近所の男性のためにコラージュをたくさん作りました。その彼に一枚のコラージュをプレゼントすると写真を一枚もらうことができ、その頃から写真に対する愛情が始まりました。
10代になり父のカメラを見つけ、それでいろいろ試していくうちに、自分が楽しかったり寂しかったりしたときのことを写真として残すようになりました。
10年前に、当時結婚していた夫と別れて、それまでの私の過去に別れを告げました。生まれ育った小さな町からアムステルダムに出て、その街のフォトアカデミーという学校で写真を本格的に学び始め、その頃から自分の感情を一番表現できるのが写真だと思えるようになったのです。そして、その後の私の人生にはいつもカメラがあり、すべての思い出や瞬間を直感的かつ直接的に記録し始め、自分の中にあった空虚な気持ちの隙間を埋めてくれるようになっていき、写真を撮ることが次第に私にとって不可欠なものになっていきました。ドキュメンタリーではなく写真は自分のストーリーを語るためのものであり、自分の内なる経験に基づいた小説のようなものです。そして見る側も自身のフィーリングや考えや連想などで私のストーリーを解釈していただけると嬉しく思います。


ハリバンアワードに応募されたきっかけを教えてください。

フォトアカデミーの2年目にアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンさんがご自身の作品に関しての講義してくれたことがありました。私はモレンさんの人柄と作品からとても刺激を受け、インターネットやSNSを通じて彼女をフォローするようになりました。彼女がハリバンアワードを受賞したのが2014年でしたが、2017年に私がアーティスト・イン・レジデンスで京都に滞在していたときに便利堂の工房を訪れ、彼女の作品が掲載されているカタログも購入したかったのです。残念なことに完売していたものの、便利堂の方々はとても親切に工房を案内してくれました。それから私はハリバンアワードに応募し始め、今年の8月30日に便利堂のスタッフから私が受賞したことを知らせるメールをいただき、自分の夢が叶ったことを知りました。私は椅子に体をうずめあらためて感動してしまい、素晴らしい職人のみなさんやマスタープリンターの山本さんと作品を作れるのだということを信じられるまで数日かかってしまいました。とても嬉しく感激していますし、心よりありがとうございます!


あなたの作品に対するアプローチの仕方と探求しているテーマを教えていただけますか?

人と人が(物理的に)存在している環境の関係性の視覚的調査といったものを主に探求しています。
私たちは何者かということは、しばしば我々の社会環境と(家族の)歴史によって決まる場合が多いですし、自分たちの自信というのがどのように作られるのかは、周囲の世界に対する見方、あるいは他人にどういう風に接するかで変わってきます。私自身は外側から何が起こるか、またどのように、そしてなぜ他の人と私とがやり取りするのかを、しばしば観察者として見ているところがあります。
私は自分の写真によってこのような関係性を模索しながら、私個人と周囲の橋渡しといったものを試みています。私の作品は、記憶や感情、期待や恐れ、そして欲望といったものが複雑にからみあう網のようなものに触発されながら、自分の直感のみによって純粋に生まれています。現実を反映したものではなく、見るものの記憶と触れ合うために、オープンで芸術的な招待状として私の作品を体験していただきたいのです。

にコロタイププリントに変わっていくかに関してなにか考えや希望などはありますか? また、このアワードに対し一番期待していることはどんなことでしょうか?

伝統のある便利堂アトリエで作品を作る機会をいただけるのは本当に嬉しく思っています。時間や技術、モダニズムを超越するマスタープリンターから世界的に有名な技術を学べることも楽しみにしています。コロタイププリントはファインアートプリント以上のものであり実に貴重な芸術作品です。私の作品がコロタイプによってどういう風に次元が変わっていけるのかを探りつつ、プリントの制作に長い時間がかけられることも楽しみにしています。なぜなら私は職人さんたちのやり方を愛し尊敬していますし、 今後の自分の人生にも必ずや大きな影響を及ぼす経験になるはずですから。

www.margaretlansink.com

Categories
Hariban Award News

Hariban Award 2019 – Winners

It is with great pleasure that we announce the results of this year’s Hariban Award 2019

2019 Award Recipients

Grand Prize Winner

Margaret Lansink

Margaret Lansink Artist Statement

In the infinite flow of everything, people come and go in our lives. While the presence of some can be so subtle that we hardly register when it begins or ends, with others it’s far clearer: they enter, or leave, with a bang. In Borders of Nothingness, Dutch photographer Margaret Lansink (b. 1961) dwells in the transitional ambiguity of her adult daughter’s decision to suspend contact with her, photographing landscapes and nude women whose disappearing presence raises the same haunted question: is this the moment you were gone? As time passed, Lansink and her daughter reconnected to investigate whether their break could be mended. Lansink then began to revisit and reinterpret Borders of Nothingness in a physical practice that mirrored their emotional efforts of healing. Working from the Japanese practice of repairing ceramics with gold leaf, she combines her images, severs them, and mends their breaks with gold leaf to put hope into the possibility of a bond that is stronger and more beautiful because it had once been broken.

Borders of Nothingness On the Mend

Juror’s Choice Awards

Jesse Lenz – selected by Takayuki Ishii for the work The Locusts

Naghmeh Navabi – selected Kimi Himeno for the work A home, no longer mine

Mårten Lange – selected by Mirjam Kooiman for the work Ghosts

Toshiya Watanabe – selected by Martijn van Pieterson & Annemarie Zethof for the work Somewhere not Here

Master Printer’s Choice Award

Marcus DeSieno

Honourable Mentions

Alys Tomlinson

Steffi Klenz

Alexandre de Mortemart

Frederic Froument

Lauren Orchowski

Corinne Vionnet

Statement by Takumi Suzuki, CEO Benrido

On behalf of Benrido and the Hariban Award team, it is with great honour to be able to receive such an extraordinary array of works submitted to the Hariban Award each year. We would like to extend our congratulations to this year’s Hariban Award Winners and our gratitude to all who applied for this year’s competition. The level of work and enthusiasm we receive each year from photographers and artists from across the world is deeply encouraging and inspires us to continue to share this unique technique and of collotype and the opportunity to work with the studio further. Each year the Jurors to face the difficult task of selecting the award recipients and this year’s challenge was no less difficult from the previous years. This year marked an exceptionally high standard of work submitted from photographers around the world and amongst them, Margaret Lansink’s submission stood out with her beautiful, personal and intimate body of work “Borders of Nothingness — On the Mend“. We greatly look forward to welcoming Margaret Lansink to the studio and her resulting collaboration with the artisans of Benrido.

What’s next?

Margaret Lansink will be traveling to Kyoto to begin her residency here at Benrido in December. Be sure to stay tuned for updates on our blog so you can follow along with her journey.    

次のステップ

HARIBAN AWARDの最新情報、また受賞者の京都での制作体験の様子は、メールマガジンで随時お届けしてまいります。メールマガジンを購読して最新情報をチェックしてみてください!
Categories
Uncategorized

HARIBAN AWARD 2019 – Shortlist

We’re thrilled to announce the shortlist for the HARIBAN AWARD 2019!

This year will be the sixth year of the Hariban Award and we are extremely happy to have had a wide range of submissions from applicants around the world.  This year we are incredibly honoured to have received 433 submissions. From these submissions, this year’s Shortlist of 100 submissions was selected by main Jurors Annemarie Zethof and Martijn van Pieterson of IBASHO Gallery.  Before sharing this year’s shortlist we would first like to thank each of the applicants this year for submitting their work to the Hariban Award!

We are excited to share and congratulate this year’s Shortlist of 100 submissions.

ハリバンアワード 2019の一次審査を通過したショートリストの発表をいたします。

今年でハリバンアワードは6回目の開催となり、その応募者の多彩さから、世界中のアーティストの注目を集めていることをとても嬉しく思います。今年は国内外から433の応募がありました。そのショートリストを発表する前に、応募いただきました皆様にハリバンアワードへ参加いただきましたことを心から感謝申し上げます。

本当に印象的な応募作品の数々から、今年のショートリストを発表いたします!

HARIBAN AWARD 2019 Shortlist

* (Names presented in alphabetical order)

Scheltens Abbenes, Ryuji  Araki, Robert  Ashton, Simon Becker, Mathieu Bernard – Reymond, Regis Bodinier, Barbara Bosworth, Lambie Brothers, Jennifer Cabral, Max Cardelli, Sophie Caretta, Matias Corral, Jack Dabaghian, Giandra De Castro, Alexandre de Mortemart, Marcus DeSieno, David Diaz, Peter Eleveld, Tsutomu Endo, Kristyna Erbenova, Veronique Evrard, Tsar Fedorskky, Cristina Rerraiuolo, Joe Freeman, Frederic Froument, Guy Geva, Salvatore Gullifa, Paul Hart, Risk Hazekamp, Mark Hewitt Johnson, Erik Hijweege, Rens Horn, Md. Iqbal Hossain, Dan Hsu, Yi-Chen Huang, Marie, José Jongerius, Anna Kadykova, Nadav Kander, Steffi Klenz, Jesse Koechling, Carla Kogelman, Shu Koumura, Juul Kraijer, Kent Krugh, Calin Kruse, Mona Kuhn, Mårten Lange, Margaret Lansink, Dongwook Lee, Jesse Lenz, Meng-San Lin, Rhonda Lashley Lopez, Susan Madsen, Atsushi Maeda, Michael Magers, Marie-Luce Martin, Lesia Maruschak, Yasuaki Matsumoto, Karen Miranda-Rivadeneira, Fumio Misaki, Max Moldau, Cécile Monnier, Ella Morton, Naghmegh Navabi, Birgit Neiser, Marko Novosel, Clio Obergfell, Naoyuki Ogino, Yoshiyuki Oki, Ayaka Okuma, Fleur Olby, Lauren Orchowski, Milan Radisics, Florian Ruiz, Marco Sanges, Marc Santos, Hitomi Sato, Annedore Schubert, Uli Schuster, Klavdij Sluban, Steven Smith, Alnis Stakle, Jan Stel, Motohiro Takeda, Paul Jimenez Thulin, Alys Tomlinson, Vaune Trachtman, Wanda Tuerlinckx, Carla van de Puttelaar, Alice van Kempen, Hanneke van Leeuwen, Enrique Verdugo, Antti Viitala, Corinne Vionnet, Masato Wakabayashi, Toshiya Watanabe, Bryan Whitney, Rosalie Winard, Marta Zgierska & HanShun Zhou

 

The final award winners consisting of the Juror’s Choice Awards, Honourable Mentions, and lastly the Grand Prize Winner will be selected from this group of 100 submissions.

The winning names will be announced in August!

This year’s panel of jurors is made up of Annemarie Zethof & Martijn van Pieterson of IBASHO Gallery, Takayuki Ishii of Taka Ishii Gallery, Kimi Himeno of AKAAKA  & Mirjam Kooiman of FOAM Museum Amsterdam all highly esteemed members of the global photography community.

一次審査を通過された100人の応募者の中から、審査員特別賞、入選、そして、グランプリの作家が選ばれます。

最終選考の結果発表は八月の初旬になる予定です。

今年のハリバンアワードの審査は、写真分野で国際的に広く活動し高く評価されている アンマリー・ゼゾフ & マルテイン・ヴァン・ピーターソンギャラリスト IBASHO, 石井 孝之 ギャラリスト, 姫野希美 出版社, ミリアム・ コイマン キュレーター FOAM 写真美術館アムステルダムに依頼しています。

 

Selected Photographers’ Work

View the 100 Shortlisted submissions for this year’s Hariban Award on the slideshow below. The submitted works within the slideshow have been presented in no particular order. 

このスライドショーでは100人のショートリストに選ばれた応募者の作品が一枚ずつご覧いただけます。スライドショーの順番は審査の結果等とは関係ありません。あしからずご了承くださいませ。

 

[smartslider3 slider=8]

 

The Final Winners will be announced late August! Wishing all the very best of luck! 

 

 

 

Categories
Uncategorized

Juror Interview: A Conversation with FOAM Curator Mirjam Kooiman

We are more than thrilled to have Mirjam Kooiman Curator at Foam Museum Amsterdam and Art Historian as part of this year’s Hariban Award Juror panel! We got the chance to discuss her most recent curatorial projects at Foam as well as what she is looking forward to with this year’s submissions

Amsterdam 27-07-2018 De Kunstmeisjes In beeld: Mirjam Kooiman Foto: Tammy van Nerum

Mirjam Kooiman is an art historian and curator at Foam Photography Museum Amsterdam, where she was responsible for shows including Ai Weiwei – #SafePassage, Paul Mpagi Sepuya – Double Enclosure, Daisuke Yokota – Matter, Awoiska van der Molen – Blanco, and the travelling Foam Talent exhibitions of 2015 and 2016. In 2017 she also initiated a series of collaborations with photography platforms in Mexico, Nigeria and Indonesia in Foam’s project space Foam 3h, in order to create an exchange of cultural knowledge on photography discourses worldwide. She is currently researching how photography can relate to virtual realities, gaming and online experiences. Mirjam holds a BA in Art History and an MA in Museum Curating from the University of Amsterdam. She previously served as a curator-in-training at Amsterdam’s Stedelijk Museum. She is also a regular contributor to Foam Magazine.

Can you explain the work that you do at Foam Photography Museum? 

I’m a curator at Foam. Our team consists out of three curators and an assistant-curator and is led by our artistic director Marcel Feil. As a team, we give shape to Foam’s artistic program. I initiate and curate exhibitions and side programs, scout for emerging talent in photography, do many portfolio reviews and I’m a regular contributor to Foam Magazine. 

I always consider it my most important task to get into the mind of an artist. To really understand what the artist wants to express, what the main motivation behind the creation of the work is and what an artist finds most important to communicate. 

Only once I’ve considered these aspects am I able to translate this into a narrative that is accessible to a larger audience and be that mediator. Foam also requires me to work with all genres in photography, and from the historical to the contemporary, artistic to vernacular, in order to make historical and interdisciplinary connections and to constantly reevaluate the medium of photography with all the different shapes it can take up.

What would you say initially drew you to photography?

I picked up the camera as an adolescent, but it didn’t take long for me to find out I’m better at studying and thinking about images more than making them. I subsequently studied art history, but something that always drew me to photography specifically is that it’s so much more than an art form. I’ve always been fascinated by how photography is employed as a socio-political tool, as well as it defines most of the fabric of our daily lives. Photography is everywhere. Images shape our perception of reality in profound ways and it is ever evolving by new technological advances.

How is judging a competition like this different from selecting artists to exhibit at Foam Photography Museum?

Every competition has its own specific objectives and I think the Hariban Award is especially unique. As this award focuses on the production of the winner’s work as collotype prints, I’m curious to see how submitters think their work connects with this ancient and complex printing process. Within this specific competition, I’ll pay a lot of attention to the relation between the image content and the physical creative process. I think this is always important, also when I select artists to exhibit at Foam, but in this case, I will focus more specifically on the material qualities of the work, in order to understand why expressing the artist’s concepts in collotype would be of added value.

What do you think makes a great photo stand out? 

Good question! I’m always intrigued when an artwork expresses something of which I can sense its meaning or relevance, but which I can’t put into words just yet. It means it speaks about something that is very relevant today, but it hasn’t been ‘historicized’ yet – it reflects urgent topics of our times that we’re only just beginning to grasp. But this is only one possible answer to this question, that can be approached in many ways, and might have different parameters from genre to genre. From Foam’s point of view, I would say that we always look for strong artistic visions. Everyone can take photographs, very beautiful ones even, but what we seek is that layer of reflection – upon the artist’s position, relation to the subject or what it says about the medium and about the act of image-making. This doesn’t need to be the very subject of the work, but it should be there somewhere to say more than the image might show at first sight.

What sort of work are you hoping to see from this year’s Hariban Award submissions?

I’ve always been fascinated by how our understanding of photography is constantly renegotiated by its ongoing technological developments. I notice that a lot of artists employing new forms and uses of photography such as photogrammetry, 3D-rendering, CGI and in-game photography are often still very consciously referring to the history of photography to reflect upon how the medium has evolved. I’m very curious to see if there will be submissions that really push what photography can be today, and yet connect with a technique such as collotype that is over 160 years old. In that sense, I hope to see work that connects our digital, immaterial reality with our physical reality, also when this means that the new conscious of the digital makes us see and picture our physical reality anew. But most of all I want to keep an open mind and not ‘search’ too much, but be surprised.

Enter Competition ➔

キュレーター FOAM 写真美術館アムステルダム

プロフィール:ミリアム・クーイマンは、アムステルダムのFoam写真美術館にて美術史家兼キュレーターを務めています。これまで手がけた展示として、Air Weiwei 『#SafePassage』、Paul Mpagi Sepuya『Double Enclosure』、横田大輔『Matter』、Awoiska van der Molen『Blanco』などがあり、巡回展ともなった2015年と2016年の『Foam Talent』展、そして2017年には写真にまつわる意見交換をするために、FoamのプロジェクトスペースであるFoam 3hにて、メキシコ、ナイジェリア、インドネシアの写真プラットフォームとのコラボレーションも開始しました。 加えて、現在は、写真がヴァーチャルリアリティやゲームやオンライン体験がどのように関わりを持っているのかといったテーマも研究しています。 クーイマンはアムステルダム大学で美術史の学士号と博物館キュレーションの修士号を取得、以前はアムステルダムのStedelijk Museum(アムステルダム市立美術館)で学芸員の育成プログラムに参加し、Foam Magazineの定期的な寄稿者でもあります。

Foam写真美術館での仕事について教えてください。

私は(アムステルダムの)Foam写真美術館にキュレーターとして勤務しています。芸術監督のマルセル・フェイルを筆頭に、3人のキュレーターと1人のアシスタントキュレーターで構成されていますおり、チームでFoamのプログラムを運営しています。私は展覧会やその他の様々なプログラムの企画、新しい才能の発掘やポートフォリオレビュー随時開催、さらにFoamマガジンへも定期的に寄稿をしています。

私は作家の心を読み解くことが私の最も大切なタスクだと考えています。それぞれの作家が何を表現しようとしているのか、作品に秘められた制作の動機と、一番伝えようとしていることが何かを的確に理解することが重要だと考えています。
私がこれらのことを理解した上で初めて、多くの鑑賞者が作品の物語を理解する手ほどきとなる解釈を明示でき、その橋渡し役となることができます。Foamでは歴史的ものから同時代のものまで、そして芸術的なものから通俗的なものまで、あらゆるジャンルの写真表現と関わり、さらに歴史的文脈や幅広い分野への繋がりを模索しながら、写真が様々な形に変容できる媒体となりえるかを常に考察しています。

写真に興味を持ったきっかけは何ですか。

10代の頃からカメラを手にしていましたが、私自身が写真を撮るよりも、写真を研究したり分析したりすることのほうが向いていると気づくまで、それほど時間を要しませんでした。その後、美術史を専攻しましたが、写真がアートという形態よりも可能性があるというところにいつも惹かれていました。写真が社会政治的なツールとして使われていることや、日常生活に組み込まれていることが私にはとても興味深いのです。写真はどこにでも存在します。私たちの現実に対する認識は写真イメージに深遠に形作られているばかりか、新しい技術進歩により写真は今も進化し続けています。

ハリバンアワードのようなコンペの審査員を務めるのと、Foamで展示するアーティストを選ぶこととはどう違いますか。

すべてのコンペティションはそれぞれの目的があるはずで、その中でもハリバンアワードは特にユニークだと思います。このアワードでは、グランプリ受賞者の作品をコロタイププリントとして制作することを目的としており、応募者が、この長い歴史を持ち複雑な技法にどのような関係性を見出すのかをとても興味深く感じています。

この特別なコンペティションを審査する際、私は作品の内容と実際の制作過程を重視しようと考えています。Foamでの展覧会のためにアーティストを選出するときも同じ要素を大切にしていますが、この場合は特に作品の物質性とその質に注視し、作品がコロタイプとして仕上げられた時にいかに作家のコンセプトを表現し付加価値がつくかに焦点を当てたいと考えています。

優れた写真とはどのような要素が必要だと思いますか。

いい質問ですね!対峙すると意味や関係性がなんとなく見えてくるが、どういうわけか言葉では説明しづらい作品に私はいつも惹かれます。その作品はとても時事的な何かについて関連し語ろうとしているわけだが、まだ「歴史化」されていない、つまりその作品は同時代を反映しているものの、私たちがまだそを認識できていないといった類のものです。

しかし、これも質問に対するただ一つの答えであって、ジャンルによっても評価基準が変わってきますし、様々な観点から考えることができるはずです。
Foamは強い芸術性のある世界観を常に探しています。誰でも写真を撮ることができますし、綺麗な写真はもちろんのことです。しかし私たちが求めているのは、作家本人の立ち位置や作家と主題の関係性、写真という媒体を用いてイメージを作り出す行為についてどのような言葉を持っているかなど、作家の何層にも重なる深い思考性を求めています。これらのことが作品の主題となる必要はなく、しかし作品の一見で見出されるイメージ以上に、作品のどこかにそれらが秘められているべきだと思います。

今年のハリバンアワードの応募において、どのような作品を見てみたいと思いますか。

写真に対する認識が、常に新しい技術進歩により変化し続けていることにとても惹かれています。多くのアーティストが、写真測量法、3Dレンダリング、CGI、ビデオゲームの中での撮影などの新しい形態の作品を作っていることをしばしば見かけます。そして、それらの作品は写真がどのように歴史の中で進化しているのかを意識しているように見えるのです。

今現在の写真の限界にチャレンジしながら、160年以上の歴史あるコロタイプ技法と繋がれるような応募作品があるかどうかが気になります。私たちのでデジタル化された非物質的な現実と、物理的な現実と両方反映されるような作品を私は見てみたいのです。 というのも、デジタル世界での意識によって、私たちの物理的な現実に対する見方が変わるからです。しかしなによりもオープンでありたいし、何かを探し求めるよりも、私は単純に驚かされたいのです。

応募フォーム ➔

Categories
Uncategorized

Juror Interview: A Conversation with IBASHO Martijn & Annemarie

This year’s Hariban Award applications are now open!, We spoke to this year’s Jurors IBASHO gallery founders and directors Annemarie Zethof & Martijn van Pieterson about what they are looking forward to with this year’s submissions

Annemarie Zethof and Martijn van Pieterson are the founders and directors of IBASHO, a business revolving around Japanese photography in Antwerp, Belgium. IBASHO opened its gallery in March 2015 specialising in fine art Japanese photography, presenting well-known and master photographers from Japan and emerging Japanese talent, as well as non-Japanese photographers who have worked in Japan. IBASHO regularly organises group and solo exhibitions at the gallery and participates in art fairs such as Paris Photo, AIPAD, Photo London and Unseen. In August 2017, IBASHO opened a bookshop specialising in new and antiquarian Japanese photo books as an extension of the gallery. Martijn and Annemarie also operate as guest curators, recently curating the Japanese Nude exhibition for Japan Museum Sieboldhuis, Leiden, The Netherlands.

Can you explain the work that you do and what drew you to establishing your own gallery?

We started collecting art in the early 90s and have been building up our collection ever since. At one point in t,ime we decided we should do something more with art than just collecting and the idea grew to open up a gallery. We have spent a few years considering this and finding out what we should do exactly. As Annemarie was studying Photography at the Fotoakademie Amsterdam at the time and we started to get very interested in collecting photography, this seemed like the medium to focus on.

Why do you focus your collection on Japanese photography?

The exhibition Moriyama-Klein in Tate Modern was the trigger for us to start really looking into Japanese photography. We were overwhelmed by Moriyama’s photography and wanted to know more about him, his influences and followers.

What do you think makes a great photo stand out?

A great photo should give you the urge to look at it over and over again.

What sort of work are you hoping to see from this year’s Hariban Award submissions?

We are hoping to see a great variety of work using different techniques and mediums.

Do you have any tips for artists looking to apply for this year’s Award? 

Collotypes are very special prints and especially the great prints made by Benrido on Japanese paper with great contrast and beautiful texture. We encourage any photographer submitting to think about this special technique and paper when selecting their work.

 

Enter Competition ➔

IBASHO ギャラリー アンマリー・ゼゾフ &マルテイン・ヴ ァン・ピーターソン

プロフィール:アンマリー・ゼゾフとマーティン・ファン・ピーターソン夫妻は、ベルギーのアントワープで日本の写真を中心に展開しているIBASHOギャラリーの創設者兼ディレクターです。 日本の有名写真家や新進の日本写真家、そして日本で制作したことのある外国人写真家を紹介する日本のアート写真を専門とするギャラリーとして2015年3月にオープンしました。 IBASHOはグループ展や個展を定期的に開催し、Paris Photo、AIPAD、Photo London、Unseenなどのアートフェアに参加しています。 そして、2017年8月にはギャラリーの延長として、新旧の日本の写真集を専門とするブックショップもオープンし、また、最近ではオランダのライデンにある日本博物館シーボルトハウスにおいて、二人は『日本ヌード展』をキュレーションを担当しました。

ギャラリーを始めた経緯を教えてください。

私たちは90年代初めからアート作品の収集をしており、 徐々にそのコレクションは大きくなっていきました。あ る時期を境に、作品を集めるだけでなく、ギャラリーを 持って美術にもっと深く関わっていきたいと考えたので す。それから数年の間は、どのような形態がよいか模索す ることに費やしました。当時、アンマリーはフォトアカ デミー・アムステルダムの写真専攻に在籍しており、二人 とも写真作品のコレクションに強い興味持ち始めた結 果、写真に特化したギャラリーを作ることに決めたので す。

日本の写真作品のコレクションを始めたきっかけは何 でしょうか。

(ロンドンの)テート・モダンで開催された森山大道と ウィリアム・クラインとの二人展が日本の写真に興味を持 つきっかけとなりました。森山の作品に圧倒され、彼の ことや彼が影響受けた写真家、そして森山から影響を受 けた写真家について詳しく知りたいと思いました。

お二人にとって、優れた写真とはどういった要素が必 要だと思いますか。

良い写真は、何度も繰り返し見たくなる衝動に駆られる ような物であるべきです。

今年のハリバンアワードの応募において、どのような 作品を見てみたいと思いますか。

さまざまな技法や表現を用いて制作された、あらゆる種 類の作品を見たいと期待しています。

今年応募することを考えている作家たちに、何かヒン トなどはありますか?

コロタイプはとても特殊なプリントですし、特に便利堂 では和紙に素晴らしい濃淡と美しい質感もつ上質のプリ ントが制作できます。応募する作品を選ぶ上で、この特 別な技法やプリントに使用される紙のことを念頭におく といいと考えます。

応募フォーム ➔

Categories
Uncategorized

Benrido at Paris Photo 2018

 

We are pleased to announce we will exhibit at Paris Photo 2018 within the Book Sector.

Booth: SE 23

 

Along with a selection of our collotype portfolios, we will present limited edition prints by Masahisa Fukase from the series Raven Scenes including the new portfolio of Masahisa Fukase co-produced with Editions Xavier Barral. We will also launch a new series of works by Dutch photographer Awoiska van der Molen.

Exhibiting Works: 

Awoiska van der Molen, Masahisa Fukase Raven Scenes, Saul Leiter: 1950s New York Portfolio, Masahisa Fukase Private Scenes Portfolio, Stephen Gill Night Procession Portfolio, Yamamoto Masao Collotype Portfolio, Hariban Award Catalogues, Hiroshi Masaki: Kyoto a Landscape Meditation, Shoji Ueda SAND DUNE, Kenro Izu Blu in Collotype, J.H. Lartigue / Colour

Special Launch Event: Awoiska van der Molen New works in collotype. Thursday 8th November 4pm5pm at Benrido booth. All welcome!

Exhibition Dates: 9th – 12th November 2017
Entry: Ticketed
Location: 3 Avenue du Général Eisenhower, 75008 Paris, France
Paris Photo

Categories
Uncategorized

Hariban Award ’18 Grand Prize Winner Interview: Esther Teichmann

We are delighted to welcome Esther Teichmann as this year’s Hariban Award Grand Prize Winner. Before welcoming Esther to the studio for her residency, we had the chance to speak and talk about her winning body of work and what she is most looking forward to for her visit to Kyoto in December

Could tell us a little bit about yourself and what first drew you to photography?

I grew up in a small village in southern Germany in the Rhine valley near the Black Forest surrounded by swamps, lakes and rivers. The summers are incredibly humid with the most exquisite dramatic thunderstorms at night. As a child I would sit in silence with my father on the balcony in the dark, watching the storm unfold, bats flitting across the dusk sky, lightning momentarily exposing the blue back forest hills. This feeling of excitement and pure swelling joy at watching what cannot be put into words, is probably what first made me want to be an artist.

Could you explain your approach to making work and the central themes that you explore within it?

My work explores ideas of inherited home-sickness and the relationship between loss, desire and the imaginary. Within staged fantastical images, the subjects are turned-away figures of loss, always already beyond reach. Here, the photographic is loosened from its referent, slipping in and out of darkness, sometimes further removed by painting into the image in dripping inks, evoking a liquid space of night. The photographs, films and writing transform one thing into another, moving between between autobiography, fiction and myth. My approach might be best described as an unfolding, adding images, film, stories to a continually expanding body of work that is reconfigured as the fragments are pieced together in new ways.

As you will be travelling to Kyoto to collaborate with the artisans at Benrido, do you have any thoughts or hopes of how your work will be translated as collotype prints?– Is there an aspect of the award which you are most looking forward to?

I am very interested in looking back at the history of photography and photographic processes and setting these in dialogue with the present and imagined future, to create work that visually and materially moves across registers of time and place. I am incredibly excited and honoured to be offered this unique opportunity of working intensely with your studio and master artisan printers, and am really looking forward to having the time to work in such a focused way. I am also looking forward to going for long aimless walks through the city alone, having time away from the familiar to think about new work and write.

What do you hope to gain as an artist through this residency?

Often it is learning a new process, working with and learning from people so passionate and expert at their craft, that most inspires me, giving me ideas for new works. I am really excited about creating this body of work as Collotype prints, seeing them in a new form.

あなた自身についていくつかのことを教えてください。なにがきっかけで最初にあなたを写真へと導いたのでしょうか?

私は沼地や湖や川に囲まれたブラックフォーレスト(黒い森)近くにある、ライン川渓谷の南ドイツの小さな村で育ちました。そこは夏の間はとても湿っているところで、夜には雷をともなった激しい嵐が吹き荒れたようなところでした。子供の頃に暗闇の中、私は父といっしょにバルコニーに静かに座り、嵐がやってくるのを見ながら、夕暮れの空を横切るコウモリとか、雷が一瞬青い森を照らし出す光景を見ていました。それらは言葉としてなかなか表現できないような様子で、私は興奮とピュアな喜びを感じていたのですが、おそらくそういったことが私を芸術家になりたいと思わせたきっかけだったと思っています。

作品を作るためのあなたのアプローチの仕方、それによってあなたが探求しているテーマについて説明してもらえますか?

私の作品は、心の中に抱いている故郷を思う気持ちとか、喪失や欲望や虚偽などにまつわる関係性を探求しています。架空のステージとして作り上げた幻想的なイメージの中で、被写体たちは喪失感を抱いた犠牲者でどこへもたどり着くことができません。彼らは暗闇の中にまぎれこんだり、逆に暗闇の中から抜け出そうします。滴り落ちるインクによって画面が塗りつぶされていたり、液体のように漆黒の夜の空間を思わせたりします。私の写真や映像や書いたものは、自伝的であったり、小説のようであったり、または神話的であったりして、そういった異なったフィールドを相互に行き来することでなにか別のものに変化させようとしているのです。私のアプローチの仕方とは、新しいやり方によって断片が再構成され拡大していき、画像や映像やストーリーがひとつになり、その世界が広がっていくというのが最も言い当てた説明となるでしょう。

あなたは便利堂の職人とコラボレートするために京都にいらっしゃるわけですが、自身自身の作品がどのようにコロタイププリントとして表現されることを望んでしますか? また、今回のハリバンアワード受賞によってあなたが最も楽しみにしていることはなんでしょうか?

私は、写真史や写真のプロセスにとても興味を持っていて、今現在と想像上の未来との対話の中で、視覚的かつ物質的に時間と場所を行き来するような作業を行なっています。便利堂のアトリエにおいて、マスタープリンターたちと作業を集中してできるこのユニークな機会をとても光栄に思っていますし、心の底から楽しみにしています。また新作や書くことを思考を巡らすべく、あてどもなく京都の街を一人で歩き回ることも楽しみです。

この制作を通してアーティストとしてどんなことを得ることを望みますか?

私はしばしば新しいプロセスを学んでいるのですが、そういったときは情熱がありかつ熟練した人たちといっしょに作業をしながら習得することが大切だと考えています。そのことは私にインスピレーションを与えてくれるばかりか、新しい作品のアイデアを与えてくれます。今回コロタイプ印刷によって、私の作品が新たなる姿になるであろうことに興奮を覚えます。

www.estherteichmann.com

 

 

Categories
Uncategorized

Hariban Award 2018 – Winners

It is with great pleasure that we announce the results of this year’s Hariban Award

2018 Award Recipients

 

Grand Prize Winner

Esther Teichmann

[smartslider3 slider=6]

Esther Teichmann Artist Statement

My photographic practice works with staged images set in relationship to one another to form an imaginary, alternate orphic world. We move from beds to swamps and caves, from mothers to lover, in search of a primordial return. Working with experimental print process and painting into images, the photographic is loosened from its referent. Narratives emerging from fragments as one thing is transformed into another, sliding between autobiography, fiction and myth. The photographs, films and writings picture mothers like caves, sisters like seashells, lovers like moons, tears like waterfalls. Entering the octopus darkness of swamps and caves we find ingestion and emission, mother and daughter, sister and sister, black and white, lover and lover, surrealism’s erotic jolt: the irritant that makes the pearl. Seashells with apertures like cameras. The womb as oceanic. Lovers as moons. Holding as withholding. Day as night.

 

  私の写真は空想上、または神話的な世界を構築するために、複数のイメージの関係性をセットアップして撮ったものです。私たちは原始的な回帰を探るため、ベッドから沼地、そして洞窟へ、または母から恋人へと移り変わります。実験的なプリントをしたり画像へ直接ペイントすることで、もともとの被写体の持つ印象を緩める効果を出そうとしました。一つイメージからまた別のものに生まれ変わるような断片から生まれるストーリーは、自伝やフィクションや神話の間を行き来し、さらに他のものへとに姿を変えていきます。私の作品は、写真と映像と文章により、洞窟のような母、貝のような姉妹、月のような恋人たち、滝のような涙などを描いています。沼や洞窟といった真っ暗な暗闇に入ることで、摂取と排出、母と娘、妹と妹、黒と白、恋人と恋人、シュールレアリズムのエロティックな衝動(真珠を作るといった刺激的なもの)などが私の作品から感じられるはずです。カメラのような開口を持つ貝殻。 大洋のような子宮。 月のような恋人たち。 自制しながらの保有、夜としての昼間。

 

Juror’s Choice Awards

 

John Edmonds – selected by David Campany

Matthew Genitempo – selected by Lesley A. Martin

Daren You – selected by Masako Sato

Vanessa Winship – selected by Shoair Mavlian

 

Master Printer’s Choice Award

Veronique Evrard

 

Honourable Mentions

Raymond Meeks

Feiyi Wen

George Georgiou

Bert Teunissen

Joseph Ball

Maja Daniels

 

2018 Winning Photographers Work

Please enjoy a few photos selected from the Juror’s Choice Awards, Master Printer’s Choice Award, and Honorable Mentions. Their work will be printed and published in collotype in the annual Hariban Award Catalogue to be released in April 2019.

審査員特別賞、工房賞、奨励賞を受賞した作品の中から、いくつかの写真を楽しみください。これらの作品は、2019年4月に出版されるコロタイプ印刷によるハリバンアワード公式カタログに掲載されます。
  [smartslider3 slider=5]  

 

Statement by Takumi Suzuki, CEO Benrido

It is with great pleasure to extend our congratulations to this year’s Hariban Award Winners. The level of enthusiasm for the award continues to grow each year, and out of 371 submissions, this year’s Jurors faced the difficult task of selecting the award recipients from a truly incredible pool of submissions. This year marked an exceptionally high standard of work submitted from photographers around the world and amongst them, Esther Teichmann’s submission stood out with her symbolic and intimate imagery. We greatly look forward to welcoming  Esther Teichmann at the studio and her resulting collaboration with the artisans of Benrido.

代表取締役CEO 鈴木巧からのステートメント

まずはじめに、ハリバンアワードにご応募いただきました皆様ありがとうございました。また受賞された皆様に心よりお祝い申し上げます。ハリバンアワードへの関心は年々高まっており、またそれに応じて素晴らしい作品が集まる中、今年の審査を担当した審査員は371件の応募作品の中から一人の受賞者を選出するという難題に直面しました。その中から選ばれたエスター・タイヒマンの応募作品は、彼女の象徴的で心の奥底から現れてきたようなイメージを放ち際立っていました。便利堂のコロタイプ工房へエスター・タイヒマンをお招きし、職人とのコラボレーション作品が生み出されることをとても楽しみにしています。

What’s next?

Esther Teichman will be traveling to Kyoto to begin her residency here at Benrido in December. Be sure to stay tuned for updates on our blog so you can follow along with her journey.  

次のステップ

HARIBAN AWARDの最新情報、また受賞者の京都での制作体験の様子は、メールマガジンで随時お届けしてまいります。メールマガジンを購読して最新情報をチェックしてみてください!

Categories
Uncategorized

HARIBAN AWARD 2018 – Shortlist

We’re thrilled to announce the shortlist for the HARIBAN AWARD 2018.

As we celebrate the 5th year of the Award, we are extremely thankful to see how the award has garnered new interest from artists across the globe. This year we are incredibly proud to have received 371 submissions. Before sharing this year’s shortlist we would first like to thank each of the applicants this year for submitting their work to the Hariban Award.

From this truly impressive array of submissions, we are excited to share and congratulate this year’s Shortlist of 54 applicants.

ハリバンアワード 2018の一次審査を通過したショートリストの発表をいたします。

今年でハリバンアワードは5回目の開催となり、その応募者の多彩さから、世界中のアーティストの注目を集めていることをとても嬉しく思います。今年は国内外から371の応募がありました。そのショートリストを発表する前に、応募いただきました皆様にハリバンアワードへ参加いただきましたことを心から感謝申し上げます。

本当に印象的な応募作品の数々から、今年のショートリストを発表いたします!

HARIBAN AWARD 2018 – Shortlist

(Alphabetical order with names written in Japanese at the beginning)

楠樹 仁, 三保谷 将史, Joseph Ball, Adam Bell, Laura J. Bennett, Jacob Burge, Tara Cronin, Maja Daniels, Mark De Fraeye, Michel Delsol, John Divola, John Edmonds, Veronique Evrard, Jonas Feige, Leila Forés, Nicole Clare Fraser, Thomas Fuesser, Dan Gemkow, Matthew Genitempo, George Georgiou, Marie-José Jongerius, Hajime Kimura, Jesse Koechling, Isabela Kubrik, Madeleine Kukic, Robert Langham, MAKIKO, Rose Marasco, Masayo Matsuda, Raymond Meeks, Eldad Menuchin, Wanki Min, Noritaka Minami, Yaniv Mizrahi, Mimi Mollica, Jacopo Moschin, Hiroko Okahashi, Laura Pannack, Perry Schrijvers, Levana Schutz, Steven Smith, Fiona Struengmann, Paul Taylor, Esther Teichmann, Bert Teunissen, Amanda Tinker, Gabriela Torres Ruiz, Feiyi Wen, Mandy Williams, Andrew Williams, Vanessa Winship, Dave Woody, Daren You, HanShun Zhou.

 

The final award winners consisting of the Juror’s Choice Awards, Honourable Mentions, and lastly the Grand Prize Winner will be selected from this pool of 54 submissions.

The Winning names will be announced in August.

This year’s panel of jurors is made up of Masako Sato, David Campany, Shoair Mavlian, Lesley A. Martin, all highly esteemed members of the global photography community.

一次審査を通過された54人の応募者の中から、審査員特別賞、入選、そして、グランプリの作家が選ばれます。

最終選考の結果発表は八月の初旬になる予定です。

今年のハリバンアワードの審査は、写真分野で国際的に広く活動し高く評価されている佐藤正子さん、デビッド・キャンパニーさん、ショエア・マブリアンさん、レスリー・マーティンさんに依頼しています。

Selected Photographers’ Work

View the 54 Shortlisted submissions for this year’s Hariban Award on the slideshow below. The submitted works within the slideshow have been presented in no particular order. 

このスライドショーでは54人のショートリストに選ばれた応募者の作品が一枚ずつご覧いただけます。スライドショーの順番は審査の結果等とは関係ありません。あしからずご了承くださいませ。

[smartslider3 slider=4]

 

 

To stay up to date with the competition’s news and updates, sign up to our newsletter below and follow us online via Facebook, Instagram and, Twitter.