Categories
Hariban Award News

Hariban Award 2020 Award Recipients

It is with great pleasure that we announce the results of this year’s Hariban Award.

Grand Prize Winner|Maude Arsenault

Artist Biography:

Maude Arsenault is a photographer and artist in addition to being the mother of three children. After years spent living in Sydney, Paris and NYC as a fashion photographer she is now currently living in her hometown of Montreal, Canada. Over the last few years she has completed studies in art history and she is now pursuing an MFA in visual arts at Université du Quebec in Montreal.

In March 2019, she was selected to attend Chico Review, in Montana where she met Clint Woodside (DeadBeatClub Press), who published in 2020 her first monograph, Entangled. Maude’s photography work invests the themes of construction of female identity, private spaces, domesticity and intimacy through a documentary, collage and portraiture approach.

Maude reflects on the current social condition of female identity, a state that compels us to question the foundations to which young women today refer in the way they form and shape. As an artist and a mother, and the way social structures and history are imposing on us certain schemas and blameworthiness, Maude questions how the traditional patriarchy models implies on girls and women, ideals that still today in 2020, can results in disappointment, lack of confidence and mental health issues. Maude works in digital, analog and in polaroid both in colour and black and white.

アーティストの経歴:

モーデ・アルセナートは、三人の子どもを育てながら写真家、作家として活動しています。数年間ファッション写真家としてシドニー、パリ、そしてニューヨークに滞在し、近年は故郷であるカナダ・モントリオールを拠点に活動しています。過去には美術史を修学し、現在モントリオール・ケベック大学大学院に在籍し視覚芸術について研究をしています。

2019年3月、モンタナで開催されたChico Review(ポートフォリオ・レビュー)に選出され、そこでDeadBeatClub Pressのクリント・ウッドサイドと出会ったことがきっかけで、2020年初頭に作品集「Entangled」を出版しました。モーデは、ドキュメンタリー、コラージュやポートレートの技術的アプローチをとおして、女性のアイデンティティ、個人的空間性、家庭性、親密な関係性をテーマに作品を構築しています。

モーデは彼女の作品に現代社会で女性のアイデンティティがおかれている状況を投影し、今日の若い女性が彼らの在り方を形成する上で何を参考としているのか、その有り様を私たちに強く問いかけます。作家として、母親として、社会構造や歴史が特定の図式や非難を私たちに強いているとして、モーデは伝統的な父権社会の仕様がいかに少女や女性に影響するのか、2020年の今も理想とされることが、失望感や信頼感、健全な精神状態の欠如という結果をもたらす可能性があると問うています。作品制作には、デジタル、アナログ、ポラロイド、またカラー、白黒写真を問わず使用します。

Winning body of work: Entangled 1 & 2

Entangled is a photo series from my first photobook published with Deadbeatclub Press that encapsulates a pivotal moment for my work, representing a shift in perspective in personal responsibility.

After years dedicated to creating glorified images of women, through a twenty year fashion photography career, I came to question my role and influence in the transmission of models of femininity. Albeit informed by a progressive, non-binary upbringing, this introspection became ultimately necessary, in the context of motherhood as I am raising three children including a teenage girl. Entangled, invokes the French word carcan, meaning “ploy” or “ambush,”or “ideological trap”, to explain the underlying motivation for making the spare and evocative pictures in this series. I mean that becoming an adult, a female photographer and a parent has given me distance and perspective on the cultural demands made on the bodies and societal roles of women, and particularly on life choices which have been constricted or even foreordained.

I call this work series “a poem, an ode, a shout out,” and one can sense that the quiet power of the series lies in the contradictions still unresolved even as I gain in experience and independence as an older women. I feel often trapped in the person I have been trying to be my entire life but now, at 47 and back to grad school and critical thinking, my perspective over female representation and patriarchy is clearer and I try to offer an optimistic female gaze that bring wider representation of girls and woman’s worlds.

– Maude Arsenault

受賞作 “Entangled 1 & 2” (「もつれた 1 & 2」)

“Entangled 1 & 2”は、Deadbeatclub Pressから出版した私のはじめての写真集です。私の仕事として重要な瞬間のものを詰め込み、個人の責任における考え方の変遷を表現したシリーズとなりました。

20年間を費やしたファッション写真界でのキャリアを通し、女性を賛美するイメージを作り出すことに専念した私は、私の役割や女性モデルが与える影響力に疑問を感じるようになりました。とはいえ、私自身は女性か男性かというような二分的な考え方の環境下で育ったわけではなく、この内省は、少女も含む3人の子どもを育てるという過程の中で、いずれにせよ必要となりました。タイトルのEntangled(日本語でもつれる、絡ませるの意)は、フランス語では拘束装置を連想させ、「策略」や「待ち伏せ攻撃」、「思想的罠」といった意味を持ちます。この表題によって、シリーズにスペアとして並走する刺激的なイメージがもたらされることを潜在的動機として表しています。つまり、私が大人になり、女性の写真家として活動し、そして親となったことが、女性の身体に向けられた文化的要求や社会的役割について、また女性として制限され、あらかじめ定められた人生の選択に対する、距離の置き方や考え方を教えてくれました。

私はこの作品シリーズを「詩、叙情詩、叫び」と呼んでいますが、経験を持ち自立し、年を重ねた女性となった今も未解決のままであるという矛盾を、このシリーズの静的な力として感じていただけると思います。自分の人生の全てにおいて、私自身であろうとすることに捉われていると感じることもありますが、47才になった今、大学院生活と(アカデミックな)批判的思考に舞い戻り、私の女性性の表現と父権社会に対する考え方がより明確になったことで、楽観的な女性の視点をとおして少女や女性の世界をより幅広く表現することに挑戦しています。

–  モーデ・アルセナート

 

Juror’s Choice Awards

Marianne Bjørnmyr  – selected by Felix Hoffmann for the work 31 Indicative Objects
Paula Damasceno – selected by Lucy Gallun for the work Offerings
Raymond Meeks – selected by Emma Bowkett for the work Cyprian Honey Cathedral
Dan Winters – selected by Ma Quan for the work Chemical Realities

 

 

Benrido Award

Liz Johnson Artur  – selected by CEO/Owner Benrido, Inc. Takumi Suzuki for the work Black Balloon Archive (past & future)

 

 

Honourable Mentions

Dana ArielPunctuated Land
Emanuel Cederqvist – Looking at an Obstacle
Ron Jude15 Hz
Kovi KonowieckiDriftwood
Jin Li – Secret City
Ronit PoratThrough The Eyes of A Nightbird
Eugenie ShinkleCuts
Dustin ThierryOpulence

 

2020 Winning Photographers Work|2020年 受賞作品

Please enjoy a few photos selected from this year’s Finalists from the Juror’s Choice Awards, Benrido Award, and Honourable Mentions. Their work will be printed and published in collotype in the annual Hariban Award Catalogue to be released in 2021.

今年のファイナリストから選出された審査員賞、便利堂アワード、奨励賞の受賞者の作品を紹介いたします。これらの作品は2021年に出版される、ハリバンアワード公式カタログにコロタイプで印刷されます。

 

We are deeply honoured to have received an array of exceptional work this year and we are very excited to be able to congratulate and announce the 2020 Hariban Award Winners. The level of work we received from across the world has been incredibly high and it is with great pleasure to be able to welcome and congratulate Maude Arsenault as the 7th Grand Prize recipient of the Hariban Award for her outstanding submission Entangled 1 & 2.  We are incredibly thankful to have had Ma Quan, Felix Hoffmann, Emma Bowkett and Lucy Gallun as Jurors and are deeply grateful for their time and dedicated efforts to help select this year’s winners.

It is also our honour to have the opportunity to commend the 13 finalists whose work were awarded with Honourable Mentions, Juror’s Choice Awards and a newly made Benrido Award.

The work by Liz Johnson Artur has been awarded with the Benrido Award to commend a body of work selected by CEO/Owner of Benrido Takumi Suzuki. The Juror’s Choice Award winners Marianne Bjørnmyr, Paula Damasceno, Raymond Meeks and Dan Winters have been selected especially by each Juror for their entries. Honourable Mentions have been awarded to Dana Ariel, Emanuel Cederqvist, Ron Jude, Kovi Konowiecki, Jin Li, Ronit Porat, Eugenie Shinkle & Dustin Thierry for each of their exceptional submissions which were also runners up for the Grand Prize. 

This year’s 14 finalists will have a selection of their work printed in collotype and published within the annual Hariban Award Catalogue which will be released in the new year.

便利堂が主催するハリバンアワード2020には、今年もたくさんの素晴らしい作品が寄せられました。今日ここにその受賞者を紹介し、また祝福できることをとても光栄に思います。世界中から応募された作品のレベルや熱意はとても高く、審査はより難しいものとなりました。そして何よりも、私たちの工房へ変わらぬ関心をお寄せいただいたことに励まされました。この場を借りて御礼申し上げます。今年は、応募作Entangled 1 & 2「もつれた1&2」によって7人目のハリバンアワード最優秀賞受賞者モーデ・アルセナートを選出いたしました。審査員を務めてくださった、マ・クゥアン、フェリックス・ホフマン、エマ・ボウケット、そして、ルーシー・ガルン各氏には、ご多用にかかわらずファイナリストの選出に惜しみないご協力をいただいたことに心から感謝申し上げます。

さらに、審査員賞、奨励賞、そして今年新たに設けられた便利堂賞の受賞者に選ばれた13名をここに紹介できることを嬉しく思います。特に際立った魅力を放ったリズ・ジョンソンの写真群は、便利堂の代表取締役鈴木巧によって便利堂賞に選ばれました。審査員賞には、個々の審査員によってマリアンナ・ビュルンミール、ポーラ・ダマシーノ、レイモンド・ミークス、ダン・ウィンタースの作品が選出されました。そして、奨励賞に輝いたダナ・アリエル、エマニュエル・セデルクヴィスト、ロン・ジュード、コヴィ・コノヴィエキ、ジン・リー、ロニット・ポラート、ユジニー・スィンクル、そしてダスティン・ティエリの作品は最優秀賞に劣らぬ素晴らしい作品であり、高得点を獲得しました。

これら14名のファイナリストの作品は、来年出版予定のハリバンアワード公式カタログにコロタイプで印刷され掲載されます。

 

What’s next?

With travel restrictions still being incurred due to the global pandemic, we will carefully discuss together with Grand Prize Winner Maude Arsenault to decide what would be possible with her residency during these times. We will be sure to share updates on the progress and decision of the residency for this year in the coming days. Be sure to follow us on our Instagram account for the latest news. 

今後の展開

世界規模パンデミックを受け、依然として旅行制限が敷かれているため、私たちは最優秀賞受賞者モーデ・アルセナートと相談の上、今年のレジデンスと展覧会開催の予定について慎重に対応する予定です。その上で、皆様には随時進捗をお知らせいたします。ぜひ私たちのInstagramアカウントのフォローをお願いいたします!