Inaugural Hariban Award Winner, Awoiska van der Molen, viewing her collotype proof prints. Benrido Atelier, Kyoto

The Winners of Hariban Award 2014

2014 marked the first year for the Hariban Award, an innovative prize that offers one photographer the opportunity to work with the master artisans at the Benrido Collotype Atelier in Kyoto for two weeks, all-expenses paid. The jury was comprised of Simon Baker (Curator of Photography/International Art, Tate Modern), Naoko Ohta (Curator, Gallery 916/Tokyo-Ga Project), Tsuguo Tada (Special Editorial Advisor, Iwanami Shoten) and Tsuyoshi Ito (Program Director, Project Basho/ONWARD). In its inaugural year, the competition received 131 submissions from around the world.

Grand Prize Winner

最優秀賞

Awoiska van der Molen — www.awoiska.nl

The 2014 jury chose Dutch photographer Awoiska van der Molen as the grand prize winner. Awoiska spent two weeks in Kyoto in 2014 working with collotype masters, and her resulting images will be displayed this April at the Kyotographie, an international photography festival in Kyoto. In the video below, Awoiska describes her experiences at the atelier.

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン

厳正なる審査の結果、最優秀賞にはオランダ出身の写真家アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏が選ばれ、昨年秋には京都での2週間のレジデンス、およびコロタイプ職人によるプリント制作が実施されました。アヴォイスカ氏の京都での制作の様子は、こちらから。

Bio

Awoiska Van der Molen is known for her monochrome landscapes, which in her words “arise out of a desire to penetrate deeply into the core of the isolated world in which she photographs.” In 2011 she was the finalist at the Hyères Photography Festival in France and in the same year she won the Alt. + 1000 prize at the Festival de la Photography de la Montagne, Rossinière, Switzerland. Her first monograph ‘Sequester’ published in 2014 was awarded the Silver Medal at the ‘Best Book from All Over the World’ competition. Awoiska van der Molen is represented by Kristof De Clercq Gallery, Ghent (BE) and Purdy Hicks Gallery, London (UK). Currently based in Amsterdam and Umbria, Italy.

Juror’s Statement

“Awoiska van der Molen was a strong choice for the Grand Prize of the Hariban Award 2014, and richly deserves the exciting opportunity to work with the skilled technicians at Benrido. Her work is among the finest contemporary black and white photography being produced in Europe at the moment, and her own print-making of an exceptionally high quality. But it is also true to say that in her exquisite images of nature especially, through her close attention to the play of light and shadow have much in common with some of the historic masterpieces produced as collotypes at Benrido.” — Simon Baker (Curator of Photography/International Art, Tate Modern)

プロフィール

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンはモノクロの風景写真で知られている。彼女の写真作品は、彼女が撮影するような日常から隔てられた世界に深く分け入りたいという欲求から生み出される。2011 年フランス・イエール写真フェスティバルファイナリスト、同年スイスAlt.+1000 写真フェスティバル competition 受賞。2014年に刊行された彼女の最初の写真集『Sequester』は、「Best Book from All Over the World」コンペティションで銀メダルを受賞した。作品はKristof De Clerq Gallery(ベルギー・ゲント)、Purdy Hicks Gallery(ロンドン)で取り扱われている。現在はアムステルダムとイタリア・ウンブリアを拠点に活動中。

講評

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンは、Hariban Award2014 のグランプリ受賞者として選ばれるべくして選ばれた。彼女は便利堂の熟練した技術者たちと作業を行うという刺激的な機会を享受するにふさわしい写真家である。彼女の現代的なモノクロ写真は、現在のヨーロッパにおける最も上質な作品のひとつであり、それは自身の卓越したプリント技術によって制作されている。と同時にこうともいえるのも事実である。すなわち、自然を写した繊細で美しい彼女の作品は、光と影の綾に細心の注意を払うことにより生み出されるが、それは便利堂がコロタイプにより手がけてきた写真の歴史的名作と共通点が多いということである。
サイモン・ベーカー(英国国立美術館テートモダン、写真/国美術部門チーフキュレーター)

Special Prize Winners

審査員特別賞

The jury awarded three photographers special recognition for their excellent work. These photographers will have their work published in the Collotype catalog.

  • Antony Cairns: London-based photographer Antony Cairns, who spends most of his time photographing the city, has a practice deeply rooted in exploring the boundaries and fragility of chemical-based photography.
  • Marco van Duyvendijk: Marco van Duyvendijk has traveled through Eastern Europe and Asia making work, and in 2014 published a photo book about Riko, a butoh dancer in Kyoto.
  • Tenmi Hanagi: Tenmi Hanagi, a self-taught artist, has exhibited her work solo since 2003, mainly in Tokyo.

素晴らしい作品を応募された3名の写真家に、審査員特別賞が進呈されました。彼らの作品は、コロタイプカタログにて出版されます。

  • Antony Cairns(アントニー・ケーンズ):ロンドン生まれ。故郷の街ロンドンの風景を撮影し続けている彼の作品は、薬品を用いた写真という媒体の不安定さ、境界線を探求することに深く根付いている。
  • Marco van Duyvendijk(マルコ・ヴァン・ダイヴァンデイク):オランダ生まれ。東ヨーロッパおよびアジアを旅して作品を制作。2014年には京都の舞踏家Rikoを撮影した写真集を出版。
  • Tenmi Hanagi(花木テンミ):独学でドローイングや貼り絵を制作し始める。2003年には写真を用いた作品を主に東京で発表している。

Other Recognitions

佳作

Six additional photographers received honorable mentions.

  • Zen Teh
  • Dongwook Lee
  • Yutaka Matsubara
  • Hiroyoshi Inoue
  • Dana Fritz
  • Brett Henrikson

Hariban Award 2015 Details


佳作には下記の6名が選ばれました

  • Zen Teh
  • Dongwook Lee
  • 松原 豊
  • 井上 博義
  • Dana Fritz
  • Brett Henrikson

Hariban Award 2015の詳細

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>