最優秀賞

  • 2週間の京都滞在

千年以上にわたり日本の文化や芸術の中心地として栄えてきた京都は、今も多くの職人技を守り続ける唯一無二の都市です。ハリバンアワードの最優秀賞受賞者は、2020年の秋から冬の間に文化都市京都に招聘され、2週間のレジデンスを行います。京都への交通費や宿泊費は主催者が負担いたします

  • 便利堂で体験できること & コロタイププリント

京都滞在中、グランプリ受賞者は便利堂コロタイプ工房のマスタープリンターと共に作業をします。さまざまな専門知識と技術を持つ職人たちと密接に関わりながら、作家は作品が完成するまでの一連の過程に個性を生かし関わる貴重な機会を得ることができます。次年度の展覧会に向けて、受賞作品の内8点を美術館に収められる品質のコロタイププリントとして仕上げます

  • 個展の開催について

最優秀賞受賞者のコロタイププリントは、翌年に開催する個展で発表いたします。 過去の展覧会会場: 廣誠院(アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン、2014 Sfera Exhibition(アントニー・ケインズ、2015) 白沙村荘 橋本関雪記念館 存古楼(クラウディオ・シルバーノ、2016) 清水寺 成就院(スティーブン・ギル、2017) 無鄰菴(エスター・タイヒマン、2018) 野口家住宅 花洛庵(マーガレット・ランシンク、2019

  • 公式カタログへの掲載

受賞作品と審査員からの選評が公式カタログに掲載され、完成後、受賞者に謹呈されます。本文は全てコロタイプでプリントされ、日本の伝統的な和綴じの冊子に仕上げられます。

審査員特別賞

それぞれの審査員は、審査に応募された作品群の中から審査員特別賞を選出します。 審査員特別賞を受賞した作家は選出した審査員から選評が送られる他、受賞作品がハリバンアワード公式カタログに掲載されます。また、限定版のこの公式カタログは、完成後全ての受賞者に届けられます。(使用は個人使用に限ります。)

工房賞

工房賞は、便利堂コロタイプ工房のマスタープリンターである山本修によって選出され、山本からの選評が送られる他、受賞作品がハリバンアワード公式カタログに掲載されます。また、限定版のこの公式カタログは、完成後、受賞者に届けられます。(使用は個人使用に限ります。)

奨励賞

最終ラウンドに残っていた作家の上位より6名に奨励賞が贈られます。これらの受賞作品の画像がハリバンアワード公式カタログに掲載される他、限定版の公式カタログがお手元に届けられます。(使用は個人使用に限ります。)


2020年度 審査方法

一次審査:

全ての審査員によって一次審査が行われます。審査員は、それぞれの応募作品に対し五段階評価で点数をつけ、一次選考を通過した作品群は二次審査に進みます。全ての審査のワークフローはオンライン上で行われ、それぞれの審査員が個別に実施します。

二次審査:

全ての審査員によって二次審査が行われ、ファイナリスト及び最優秀賞受賞者が選出されます。一次審査を通過した応募者の作品に対し、審査員は改めて五段階評価で点数をつけます。四人の審査員の評価点を累積し、最高得点を獲得した応募作品が最優秀賞に選ばれます。全ての審査のワークフローはオンライン上で行われ、それぞれの審査員が個別に実施します。

当選者は2020年8月末に発表されます。

*今年はショートリストの発表はありません。


応募料

早期応募割引:4月15日 から 5月10日 

一応募につき 40ドル

通常応募料金:5月11日 から 6月30日 7月15日

一応募につき 50ドル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *