awoiska-kyoto-hariban-award-collotype

Interview with Awoiska van der Molen

Awoiska van der Molen was the winner of the first annual Hariban Award. She spent two weeks in Kyoto working with the master artisans at the Benrido Collotype Atelier, and will exhibit her work this spring at Kyotographie. We asked Awoiska to answer a few questions about her work, her experiences in Kyoto, and how her time at the atelier will affect her future work.

What’s important to you about the process of making work by hand?

Awoiska: Each image is born out of a devotion to my surroundings, and handling the analog materials by hand, with great care, is intertwined with respect for the subject or situations in where I immerse myself, and then photograph. Being able to see my works treated with this special and rare reproduction technique made me very excited. The idea of seeing many different layers of ink forming depth and new details, creating a new experience of the photo, made me very eager to see them reproduced as collotypes.

Tell us one moment or experience from your time in Kyoto that stands out in your mind.

Awoiska:It was definitely the emotional moment when I said goodbye to the printers, the Benrido staff and the interpreter. My stay in Kyoto was all about producing artworks, which could not have been done without collaborating with the printers. We worked together very intensely for two weeks to get the prints done in time. This work created a strong bond between us, and there is no better base than that when you make good artwork together. Working at the Benrido Atelier has also brought me new ideas and possibilities for my work.

awoiska-kyoto-2

What was the most surprising aspect of learning collotype printing?

Awoiska:The digital part! What an enrichment to increase the possibilities of this traditional technique with a digital step: scanning the negative or using directly a digital file. With this file a new negative film sheet is created and defines the final size of the collotype print. Without this we never could have made collotypes of my works at the size of 60×50 cm. I have great admiration for the Benrido Atelier choosing to do so: making this technique more accessible for all kinds of image makers.

Do you think you will continue working with this kind of process in your future work?

Awoiska:I am definitely working on a plan to come back to collaborate with the Benrido collotype atelier again. Naoko Ohta wrote: ‘In Japan the collotype process is used to print mostly holy objects such as calligraphies and sutra manuscripts. Collotypes have the power to produce the depth and detail of these works faithfully, awakening the hidden messages and spirits within them.’ To me this corresponds so well with my artistic work: when I photograph I want to experience a sense of some existence beyond our field of vision. At this moment I am making new photo works in Japan, and I hope that these will be finalized in collotype printing.

awoiska-kyoto-8

I understand that you usually work alone. How do you feel like your experiences collaborating at the Benrido Collotype Atelier will influence your future work?

Awoiska:It was a good experience having to define very precisely how I’d like my images to be printed in order to experience them the way I wanted. Communicating this through an interpreter and applying a new technique made it quite challenging, but it created a perfect result. Along the way, I learned to see my work through the eyes of the artisan printers. I had to let go of the way I usually see my photographs and start to see how the collotype technique can enrich with depth, detail and an enormous sensitivity of the material – which changes the final image. After my two-week stay at the Benrido Atelier, we had finished the perfect test prints needed as examples for the final prints. The artisan printers produced the final prints without me being present. I have to admit this felt impossible: how do I leave this final process up to others? Well, the result is marvelous and I have learned for the future that it is possible to turn over printmaking to others, if you trust their understanding of your work.

Awoiska’s collotype prints, which she worked on during her time at the Benrido Collotype Atelier, will be exhibited during Kyotographie 2015, at the Kouseiin from April 18-22 and at the Kyoto Hotel Okura from April 23-May 10.

Hariban Award 2015 Details

「手作業」はあなたにとってどんな意味を持ちますか?

アヴォイスカ: 私にとって、被写体の根本にある核を強く求め、探し続けることは、この手作業のプロセスを行っている間も続いているのです。暗室でファイバーペーパーにプリントするという作業を通しても私はその核を探しています。それぞれの写真は私を取り巻くものへの深い愛情から生まれ来るものです。アナログの素材を丁寧に手で取り扱うということは、私が深く関わるモノや状況、そして写真へのリスペクトに深く絡み合うものです。私はこういった作業を、心を静める瞑想のようなものと感じています。

awoiska-kyoto-4

京都で印象に残った瞬間や経験を1つ教えて下さい。

アヴォイスカ: 便利堂の職人、職員の方々、そして通訳の方に“グッバイ”を言った瞬間はまさしく感動的な瞬間でした。私の京都での滞在の全てはアート作品を作り出すためのものであり、職人さんたちとのコラボレーションなくしては成しえなかったものでした。2週間の間、限られた時間の中でプリントを作り上げるために、職人さんたちと私はともに懸命に作業を行いました。この共同作業により私たちの間には強い絆が生まれました。良いアート作品を生み出すに当たって、この絆ほど素晴らしい基礎となるものはありません。

コロタイプ印刷を学び一番驚いたことは何でしたか?

アヴォイスカ:デジタルの部分です。ネガをスキャンする、デジタルデータを直接使用するとなどのデジタル技術を一部取り入れることで、コロタイプという伝統的な技術の可能性を高めることができるということは素晴らしいと思いました。デジタルデータを用いることで新しいネガフィルムシートが作られ、コロタイププリントの最終的な出来上がりのサイズを決定することができます。このステップなしでは私の作品を60×50 cmというサイズのコロタイプ印刷に仕上げることはできませんでした。これによって、コロタイプが様々なイメージの作成に関わる人々にとってより取り入れ易い技術となったと思います。デジタル技術を取り入れるという選択をした便利堂工房に大きな称賛を送りたいです。

これからもまたこの技法でプリントをしたいと思われますか?

アヴォイスカ: 絶対にまた便利堂コロタイプ工房に帰ってきてもう一度コラボレーションさせていただきたいと思っています。審査員の太田菜穂子さんは「究極のマニュスクリプトとして、ご神体となる書や経文の印刷に用いられるコロタイプは、密度と精度を秘めた作品に出会うことで、その内側に隠されていたメッセージ、精神の有り様を呼び起こす力を持っています」と述べられています。これは私の作品の場合にも非常によく当てはまります。私は写真撮影の際、私たちが目に見える範囲を超えた存在を感じたいと思っているからです。現在、日本で新しい写真作品の撮影を行っています。これらの作品が最終的にコロタイプでプリントされることを願っています。

awoiska-kyoto-6

あなたは通常一人で作品を作り上げていると思いますが、便利堂コロタイプ工房とコラボレーション経験があなたのこれからの作品作りにどんな影響を与えると思われますか?

アヴォイスカ: 私自身の希望のイメージ通りに職人さんたちにプリントしてもらうためには、自分の作品がどのように刷り上ってほしいのかというイメージを正確にはっきりと持つ必要がありました。このことは私にとって良い経験となりました。そしてそのイメージを通訳を通して伝えなければならなかったですし、コロタイプは私にとって初めての出会った技法でしたので、大変な挑戦になりましたが、パーフェクトな結果をとなってくれました。この経験を通して私自身の作品を刷り師さんたちの目を通して見るということを学ぶこともできました。私は普段自分で自分の作品を見る際の「目線」を一度手放し、コロタイプ技法がどのように私の作品に深みを与え、細部の描写や素材の繊細さを引き立たせ、作品の最終イメージを変えてくれるかという「目線」で自分の作品を見るようにする必要がありました。私が2週間の滞在した間に最終版の印刷に必要な、完璧なテストプリントを完成させることができました。そして刷り師さんたちは私なしで最終版のプリントを仕上げてくれました。正直に言うと、そんなことは無理ではないかと感じていたのです。最終作業を他の人に任せるなんてどうしてできるでしょうか、と。でも結果は素晴らしいものでした。そして、ここでも私は将来に役立つことを1つ学びました。その職人さんたちが自分の作品をよく理解して下さっていることを信頼できるならば、彼らに自分のプリントを任せてしまうことは可能なのです。

「Hariban Award 2014」で最優秀賞に選ばれたアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏が京都に2週間滞在し便利堂コロタイプ工房の職人とともに作り上げたコロタイププリントの展示を行います。下記詳細をご覧ください。
Kyotographie 京都国際写真祭 2015 Associated Program
HARIBAN AWARD 2014受賞作品
Awoiska van der Molen コロタイプ写真展 ”Sequester in Collotypes”
2015年4月18日(土)~22日(水)11:00~18:00
二条木屋町、ホテルオークラの裏に立つ旧薩摩藩士伊集院兼常邸であった廣誠院が会場となります。七代目小川治兵衛による庭もすばらしく、繁華街の近くにありながらその雑踏から隔絶された素晴らしい空間です。まさに彼女の作品にぴったりです!ぜひお立ち寄りいただき、Awoiska作品と廣誠院の融合をお楽しみください。
施設入場料700円
11:00-18:00  18日には作家による写真集サイン会を実施します。
会場 臨済宗保水山廣誠院
住所 京都市中京区河原町通り二条下ル東入ル一之船入町538番ノ1

4月23日(木)~5月10日(日)は「京都ホテルオークラ」地下1階で引き続き展示を行います。(無料)

Hariban Award 2015の詳細

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>