Categories
Hariban Award

Hariban Award ’16 – Winners

We are very excited to introduce this year’s Hariban Award winners! It was a real pleasure looking at the amazing submissions we received from around the world. The quality of work we receive continues to raise the bar on what we’ve come to expect from the talented and creative artists who enter this competition. Check out the list of winners below:

今年のハリバンアワード2016の受賞者、発表の時がやってまいりました!世界中から応募されたすばらしい作品の数々を目にすることができ、スタッフ一同、本当に嬉しく思っています。応募作品のレベルは、年を追うごとに上がり続けており、エントリーする才能と独創性にあふれる作品への期待が年々高くなっています。以下が今回の受賞のみなさんのリストとなります。

2016 Award Recipients

Grand Prize

Claudio Silvano

Juror’s Choice Award

Claudio Nolasco
Mayumi Suzuki
Michael Vahrenwald

Honorable Mentions

Lea Habourdin
Maria Inglessis
Miho Kajioka
Natalia Kopkina
Maria do Mar Rego
Marie Passa
Joanna Piotrowska

Master Printer’s Choice Award

Teri Havens

4b912474c6547907bd78d493b7a871ca-1467238173-0-58591300Claudio Silvano

Statement by Takumi Suzuki, CEO Benrido

I couldn’t be more pleased with this year’s Hariban Award winner. We again received hundreds of stunning submissions from around the globe. I know how difficult it was for our judges to choose just one winner but it was an enjoyable process for them, getting to see the talent of our entrants. There was one submission that stood head and shoulders above the rest. Claudio Silvano’s winning portfolio is a testament to his creativity and artistic vision.

Claudio grew up in Brazil and recently moved to France and his photos reflect that feeling of displacement. His shots of nature contrast with those of urban scenery, perhaps tracing his own journey in life. Claudio has a rare eye for capturing the artistry of nature and I am looking forward to having him join us at Benrido in Kyoto to see what the collotype process can further bring out his vision. I hope you will follow along with Claudio as he begins his adventure in collotype, learns a new culture, and attends Kyotographie where he’ll see his winning prints on display.

代表取締役CEO 鈴木巧からのステートメント

今年のハリバンアワードの最優秀賞受賞者にとても満足しています。今回もまた、とても多くの魅力的な作品が、世界中から寄せられました。専門家の審査員達にとっても、たった一人の最優秀賞受賞者を選ぶのはとても難しかったのですが、同時にそれは、才能に溢れたアーティストのみなさんの作品に触れられる、楽しいプロセスでもありました。そんな中でも、一人、抜きん出ていた作品があります。受賞したクラウディオ・シルバーノさんの作品は、彼の独創性やアーティストとしての構想が如実に表現されていました。

クラウディオさんは、ブラジルで育ち、最近フランスに移住されました。彼の写真は、その「移動」の感情が反映されています。彼の写真には、自然と、都市の風景が対照をなしており、それはおそらく、彼自身の人生における旅路をたどったものなのでしょう。クラウディオさんは、自然の中の芸術性を捉える、類稀な眼をお持ちです。京都便利堂のアトリエで、コロタイプ印刷で彼の写真の可能性を引き出せることを思うと楽しみです。クラウディオさんが、コロタイプの可能性を体験し、日本の文化に触れ、そして、彼のプリントが展示されるまでの過程を楽しみにしておいてください。是非ニュースレターを購読して今後の行方を一緒に楽しんでもらえればと思います。

Selected Photographers’ Work

Please enjoy a few photos selected from the Juror’s Choice, Master Printer’s Choice, and Honorable Mention winning portfolios.

審査員特別賞、佳作、工房長特別賞の受賞作より選ばれたいくつかの作品をごらんください。

DR012012-R17-F05 001Claudio Nolasco

236311c1de8ca37a82559472a9a70b5a-1469060361-0-85857200Michael Vahrenwald

bf8734fa8ea435138f7870aede7edf36-1465297045-0-47425300Maria do Mar Rego

76de085645878facd2b0e7a30c8026a0-1467078389-0-26970900Maria Inglessis

e8e3e945dbe18fd7d630ebdf657353ee-1467075196-0-43043400Mayumi Suzuki

Natalia KopkinaNatalia Kopkina

5c89a9fa7bb0c8e16c24bca6402f6f46-1463258982-0-76082400Joanna Piotrowska

480b8a9e9cddeffe01cfd1dc6a314a9e-1468134392-0-15322800Marie Passa

What’s next?

Claudio Silvano will be traveling to Kyoto to begin his/her residency here at Benrido. Be sure to stay tuned for updates on our blog so you can follow along with his journey. We want you to be there to share in the experience of visiting Kyoto. And of course, you’ll want to see how his collaboration with us progresses.

The story has only just begun—sign up for our email list to stay in the loop!

次のステップ

Hariban Awardの最新情報、また受賞者の京都での制作体験の様子は、メールマガジンで随時お届けしてまいります。メールマガジンを購読して最新情報をチェックしてみてください!


Categories
Hariban Award

Hariban Award ’16 – Shortlists

The time has come to announce this year’s Hariban Award competition finalists! We received an incredible 200 submissions from all over the globe. With so many impressive submissions to consider, our judge put a lot of thought into choosing the submission that will benefit most from a relationship with Benrido and the collotype process. Check out the shortlists below.

Hariban Award 2016の第一次審査を通過された方を発表いたします。今年は、世界中から200点を超える応募をいただきました。その多くの素晴らしい作品の中から、便利堂でのコロタイプ・レジデンシーと、コロタイプの可能性を引き出す作品を選ぶのは、審査員にとっても容易なことではありませんでした。以下、第一次審査通過作家のリストをご覧ください。

Hariban Award ’16 – Finalists

Madiha Abdo, Daniel Ackerman, Axel Antas, Chantal Ariens, Matan Ashkenazy, Michael Barrett, Sarah Bouillaud, Jörg Bräuer, Mathieu Christine, Xavier Comas, Bruce Connew, jeannette cornelisse, Chadric Devin, Stéphane Doulé, alexandre dupeyron, John Einarsen, Anne Erhard, Jenny Fine, Peter Finnemore, Joseph Freeman, Jenia Fridlyand, Dana Fritz, Ashleigh Garwood, Lea Habourdin, Sharon Lee Hart, Marina Imperi, Maria Inglessis, Camilla Jensen, Irena Jurca, Carla Kogelman, Natalia Kopkina, Birgit Krause, Carson Lynn, Matthew Magruder, Passa Marie, Sandra Matthews, Flora Merillon, Pauline Miserez, Toru Morimoto, Asli Narin, Irene Nelson, claudio nolasco, Eiji Ohashi, Kosuke Okahara, Logo Oluwamuyiwa, Hidetaka Onoyama, Joaquin Paredes, Benedikt Partenheimer, Nick Paton, Joanna Piotrowska, Steffen Kloster Poulsen, Patricia Ramaer, Victor Ramos, Maria do Mar Rego, Isabelle Riviere, Linda Roodenburg, Claudio Santambrogio, SeshuKumar Sareday, Claudio Silvano, Elin o’Hara Slavick, Jean-François Spricigo, Mayumi Suzuki, Jessica Tan Gudnason, Paul Thulin, Gabriela Torres Ruiz, Veronika Tumova, Michael Vahrenwald, Marc Philip van Kempen, Mo Verlaan, Claire Warden, Rondo Tzufone Wei, Raf Willems, Christopher Woodcock, 宝槻稔, 彦坂敏昭, 月永進, 尾崎ゆり, 梶岡美穂, 志鎌猛, 遠藤弘道. (Alphabetical order and Japanese names at the end)

The winners will be selected from this pool of photographers and their names will be announced in August. This year’s panel of jurors is made up of Peter Barberie, Mariko Takeuchi, and Marc Feustel, all highly regarded members of the global photography community. To receive the latest updates, sign up for the Hariban Award newsletter.

以上の中から、受賞者の方々が選ばれ、最終結果は8月末までに発表となります。今年の審査員は、写真界で国際的に評価の高いキュレーターのピーター・バーベリー、竹内万里子、マーク・フューステルとなっています。今後のHariban Awardからの最新情報を入手していただくために、ぜひ、ニュースレターにサインアップしてください。

Statement by Tsuyoshi Ito

Every year, the caliber of submissions for this award gets ever more impressive, and it is getting harder to choose finalists. This year brought a huge amount of talent and passion with entrants from all over the world. Though selecting our finalists was a difficult process, it was highly rewarding to see the creativity and beauty of the submitted works.

The deciding factor in my decision was the uniqueness of photographers’ visions. In reviewing submissions, I looked for work that expressed an unexpected and unusual point of view through the collotype form. This is the work that I believe has the most potential for collaboration with Benrido Atelier.

I have thoroughly enjoyed this round of judging and I look forward to seeing the decisions of the other jurors.

審査員:イトウツヨシより

毎年Hariban Awardに提出される作品の質が、前年を上回る高い水準となっており、受賞者の選考が、回を重ねるごとに、より難しくなってきています。今年も、世界中から、多くの才能と情熱あふれるエントリーを寄せていただきました。受賞者選考のプロセスは困難ながらも、独創的で美しい作品の数々を目の当たりにすることができる為、とてもやりがいを感じています。

私の選考基準は、作家の世界観の独自性です。私が作品を評価する際に求めているのは、コロタイプという印刷技法を通して、意外性があり、普通とは違った視点を表現した写真です。そういった作品は便利堂のアトリエにおいてのコラボレーションで、最も可能性を秘めていると思うからです。

今回の第一次審査の選考を、とても楽しませてもらいました。この後の、他の審査員による、最終選考の結果を見られるのを待ち遠しく思います。

Selected Photographers’ Work

Please enjoy a preview of a few of this year’s submissions. We selected the following in order to share with you the diversity in subject and style of the submitted works – they are not meant to represent winning submissions.

今年のエントリーの中からいくつかの作品をご覧ください。これらの作品は、題材とスタイルの多様性をお伝えする為に選んだものであり、今後の審査結果とは関係ありません。

366d0938ee3c76f7d4010f6f66496902-1468755787-0-91715200Peter Finnemore

3a5405024f456e219867bd84179c5c9a-1466272629-0-24413300Elin O’Hara Slavick

8c74812e9b131efa142e564fc77e5411-1467224385-0-25295800Mathieu Christine

c864cc5a35c3940a97878e984d68a593-1466939010-0-01640400Linda Roodenburg

1c2948757b9db26b22c28f29d5989ae1-1468507271-0-27144600梶岡美穂

b1f9a5f7b3b11ee2d3e0909ce6daaeae-1467103553-0-83561200Benedikt Partenheimer

117443575de0358bb28da757b1cb5e91-1465894452-0-21899500Carla Kogelman

82729332530e9cdc510a97f28cdda362-1467104053-0-58885700Steffen Kloster Poulsen


Categories
Hariban Award

Hariban Award ’15 – Winners

It is our honor to introduce you to the winners of the 2015 Hariban Award competition! We saw an incredible amount of high-quality work from a pool of entrants almost twice as large as last year, making the decisions even more difficult for our esteemed jurors. The Major Award recipient of this year’s competition, Anthony Cairns, will be flown to Kyoto for two weeks to work side by side with the highly skilled master printers at the Benrido Atelier. Explore the list of winners below!

2015年度 Hariban Award の受賞者を発表できることを喜ばしく思います。本年度のコンテストには世界中から昨年比およそ二倍もの応募が寄せられ、各作品のレベルは高く、私たち審査員にとて非常に困難を極める審査となりました。本年度のコンテストの最優秀賞受賞者は、Antony Cairns(アントニー・ケーンズ)。彼は京都にて2週間滞在し、便利堂アトリエの熟練マスタープリンターとともに制作を行います。その他全ての受賞者のリストは下記をご覧ください!

2015 Award Recipients

Grand Prize
Antony Cairns
Juror’s Choice Award
Irene Nelson
Kaoru Seki
Dan Winters
Master Printer’s Choice Award
Olga Rook
Honorable Mentions
Albarran Cabrera
Tiane Doan na Champassal
Cedric Friggeri
Dana Fritz
Manu Jougla
Marcia Micheal
David Shannon-Lier
Colin Stearns
Paul Thulin
Tsutomu Yamagata

Antony Cairns
Antony Cairns

Statement by Takumi Suzuki, CEO Benrido

Today I am truly happy to announce the final results of the Hariban Award Competition. I would like to extend my gratitude to everyone who submitted from around the globe, contributing to a wide and diverse range of work. Although I am not a juror myself, as CEO of the Benrido Atelier I have come to understand how difficult it can be to pick and choose from a pool of such high-quality submissions. I have also seen how rarely every member of a panel has the same opinion of a photographer’s work. Having said that, this year we had one particularly unique and exemplary submission that received unanimous praise and recognition. That submission was the work of Anthony Cairns.

While his pictures muse on the contemporary city, they are also thick with a sense of memory and the ephemeral. Very much like the city of Kyoto, the sharpness of modernity and the haze of the past coexist in tandem. For this and many other reasons I am thrilled to see the results of his collaboration with us and the collotype process at the the Atelier. We hope to show his collotype prints in a different venue than last year’s iteration and explore the new possibilities that his aesthetic holds. I hope you look forward to seeing the progress of our work together, and that this encourages you to submit again or for the first time next year!

What’s next?

We’ll keep you updated with all the latest news and developments as the winner travels to Kyoto for the start of this incredible experience. You’ll hear about how he settles into our ancient city and the culture of Japan as well as the the progress of our collaborative work with the collotype process.

The story has only just begun—sign up for our email list to stay in the loop!

代表取締役CEO 鈴木巧からのステートメント

本日Hariban Award 2015の最終審査結果をお知らせできることを大変うれしく思っています。昨年よりさらに多くの、そしておそらくさらに広範囲の国々の方にご応募いただき、とても光栄に思うとともに、心から感謝申し上げます。本年も非常に高いレベルの個性豊かな作品をご応募いただきました。私は審査員ではありませんが、これらの作品にあえて甲乙を付けないといけない審査員の方々の御苦労がしのばれます。昨年から審査の経過を伺い見ていて、つくづく感じるのは、ユニークな個性を保持しつつも、同時にすべての審査員から高い評価を得るということを両立することの難しさです。こうした審査を経て残られたファイナリストの皆さんの作品は、いずれも本当に素晴らしいと思います。そうしたなか、アントニー・ケーンズ氏は、昨年審査員特別賞に甘んじながらも本年再挑戦していただき、見事最優秀賞を射止められました。

現代都市を写しながらも、どこか記憶の中のような彼の作品とコロタイプがどうのようなコラボレーションになるのか、とても楽しみです。そして京都は伝統とコンテンポラリーが交錯する都市です。昨年とはまた違った展示会場で、彼のコロタイプ作品をご紹介できればと考えています。ぜひご期待ください。そして、ぜひまた皆さんに来年もまた本アワードにご参加いただけることを楽しみにしております。

次のステップ

Hariban Award の最新情報、また受賞者の京都での制作体験の様子は、メールマガジンで随時お届けしてまいります。受賞者の古都での滞在の様子や日本文化との出会い、コロタイププリントによるコラボレーション制作の進捗の様子など、詳しい情報をお知らせ。私たちのストーリーはここから始まります。さあ、メールマガジンを購読して最新情報をチェックしてみてください!

Categories
Hariban Award

Hariban Award ’15 – First Round Selected Photographers

The time has come to announce the first round of selected photographers from this year’s Hariban Award competition! We received almost twice as many submissions as last year from photographers all around the globe, each one contributing to a highly talented and promising pool of entrants. Picking and choosing the work that will benefit most from a relationship with Benrido and the collotype process was no easy task. Explore the first round of selections below!

本年度のHariban Awardの一次選考結果をお知らせできることを喜ばしく思います。本年度のコンテストには世界中から昨年と比べおよそ二倍の応募が寄せられ、各作品のクオリティは非常に高く、才能豊かで前途有望な応募作品揃いとなりました。便利堂のコロタイププリントとのコラボレーションにふさわしい作品を選出するのは、非常に困難を極めるものでした。それではここに、一次選考の通過作家をお知らせします!

Selected Photographers: 1st round

Daniel Ackerman, Patricia Ackerman, Hiroyuki Adachi, Kundig Aline, Jim Baab, Olivier Barreyre-Beraud, Thiago Barros, Emily Bates, Alexander Binder, Ivan Boiko, Jacqueline Butler, Albarran Cabrera, Anthony Cairns, Angela Casagrande, Eiffel Chong, Michael Corridore, Misha de Ridder, Tiane Doan na Champassak, Penny Dunstan, Lisa Elmaleh, Felipe Enger, Flore Flore, Joe Freeman, Cedric Friggeri, Dana Fritz, Sharon Lee Hart, Brett Henrikson, Paloma Jimenez, Eunhee John, Manu Jougla, Anna Kadykova, Hirata Kai, Everett  Kennedy Brown, Babak Kianifard, Carla Kogelman, Madeleine Kukic, Michael  Lundgren, John Ma, Christine Mathieu, Marcia Michael, Irene Nelson, Christopher Nickel, Kanako Oho, Marie Passa, Piotr Pietryga, Omaar Reyna, Patricia Richards, Jeffrey Rinehart, Helena Rios, Constantin Schlachter, Kaoru Seki, David Shannon-Lier, Alexandra Shanovich, Erin Solomons, Len Speier, Colin Stearns, Lior Tamim, Paul Thulin, Chris Vanden Broeke, Stefan Vanthuyne, Metka Vergnion, Nathaniel Ward, Hiroshi Watanabe, Allan Weitz, Dan Winters, Steven Yen, Miji Yoon, 月永 進, 青嵜 直樹, 山縣 勉, 山口 祐子, 倉谷 拓朴, 川島茂人, 中川 祥吾, 藤井 春奈, 安村 尋, コウムラ シュウ, 福永 和三郎, 内田 亜里, 福嶋 幸平. (Alphabetical order and Japanese names at the end)

Statement by Tsuyoshi Ito

It has been incredibly rewarding and exciting to review the large volume of submissions that we received this year from all around the globe. In selecting the first round of photographers for the 2015 Hariban Award, I kept a number of criteria in mind. First and foremost, I am interested in a marriage of form and content. I chose work that was not just descriptive but also formally suited for the collotype process.

In addition, the selected photographs have a clear interpretation of the photographers world view. I chose work that offered me an invitation into that world. Black and white can be a very personal and expressive medium, and I enjoy work that explores those possibilities furthest. I believe this group of photographers presents a strong potential for collaboration with the Benrido Atelier and look forward to the remainder of the process.

The winners, announced in August, will be chosen from these names. The panel of jurors consists of Michael Hoppen, Amanda Maddox, Lucille Reyboz, and Tsuyoshi Ito, each a distinguished member of the international photography community. To receive the latest update, sign up for Hariban Award newsletters.

イトウツヨシのステートメント

本年度、世界中か寄せられた非常に多くの応募作品を審査することは、わくわくする、やりがいのある体験でした。2015年度のHariban Award の一次審査においては、様々な選考基準をもって臨むよう務めました。私の興味をもっとも引くのは、形式と内容がうまく組み合わされている作品です。選ばれた作品は、その描写や表現形式がコロタイププリントプロセスにマッチしているだけでなく、写真家独自の世界観が明確に解釈されているものでした。私はそのような写真世界へと導いてくれるような作品を選出しました。

モノクロ写真は、とても表現力の高いメディウムであるといえます、この可能性を深く探究している作品を見るのは楽しい経験となりました。一次選考を通過した上記の作家には、便利堂アトリエでのコラボレーションが素晴らしいものになる強い可能性を感じます。引き続き、今後の選考も期待しています。

上記のリストの中から、8月に受賞者が発表されます。審査員はマイケル・ホッペン、アマンダ・マドックス、ルシール・レイボーズ、そして私イトウツヨシの4名です。いずれも海外の写真シーンで名のある方々ばかりです。Hariban Award の最新ニュースを読むには、こちらからサインアップしてください。

Categories
Hariban Award

Interview with Awoiska van der Molen

Awoiska van der Molen was the winner of the first annual Hariban Award. She spent two weeks in Kyoto working with the master artisans at the Benrido Collotype Atelier, and will exhibit her work this spring at Kyotographie. We asked Awoiska to answer a few questions about her work, her experiences in Kyoto, and how her time at the atelier will affect her future work.

What’s important to you about the process of making work by hand?

Awoiska: Each image is born out of a devotion to my surroundings, and handling the analog materials by hand, with great care, is intertwined with respect for the subject or situations in where I immerse myself, and then photograph. Being able to see my works treated with this special and rare reproduction technique made me very excited. The idea of seeing many different layers of ink forming depth and new details, creating a new experience of the photo, made me very eager to see them reproduced as collotypes.

Tell us one moment or experience from your time in Kyoto that stands out in your mind.

Awoiska:It was definitely the emotional moment when I said goodbye to the printers, the Benrido staff and the interpreter. My stay in Kyoto was all about producing artworks, which could not have been done without collaborating with the printers. We worked together very intensely for two weeks to get the prints done in time. This work created a strong bond between us, and there is no better base than that when you make good artwork together. Working at the Benrido Atelier has also brought me new ideas and possibilities for my work.

awoiska-kyoto-2

What was the most surprising aspect of learning collotype printing?

Awoiska:The digital part! What an enrichment to increase the possibilities of this traditional technique with a digital step: scanning the negative or using directly a digital file. With this file a new negative film sheet is created and defines the final size of the collotype print. Without this we never could have made collotypes of my works at the size of 60×50 cm. I have great admiration for the Benrido Atelier choosing to do so: making this technique more accessible for all kinds of image makers.

Do you think you will continue working with this kind of process in your future work?

Awoiska:I am definitely working on a plan to come back to collaborate with the Benrido collotype atelier again. Naoko Ohta wrote: ‘In Japan the collotype process is used to print mostly holy objects such as calligraphies and sutra manuscripts. Collotypes have the power to produce the depth and detail of these works faithfully, awakening the hidden messages and spirits within them.’ To me this corresponds so well with my artistic work: when I photograph I want to experience a sense of some existence beyond our field of vision. At this moment I am making new photo works in Japan, and I hope that these will be finalized in collotype printing.

awoiska-kyoto-8

I understand that you usually work alone. How do you feel like your experiences collaborating at the Benrido Collotype Atelier will influence your future work?

Awoiska:It was a good experience having to define very precisely how I’d like my images to be printed in order to experience them the way I wanted. Communicating this through an interpreter and applying a new technique made it quite challenging, but it created a perfect result. Along the way, I learned to see my work through the eyes of the artisan printers. I had to let go of the way I usually see my photographs and start to see how the collotype technique can enrich with depth, detail and an enormous sensitivity of the material – which changes the final image. After my two-week stay at the Benrido Atelier, we had finished the perfect test prints needed as examples for the final prints. The artisan printers produced the final prints without me being present. I have to admit this felt impossible: how do I leave this final process up to others? Well, the result is marvelous and I have learned for the future that it is possible to turn over printmaking to others, if you trust their understanding of your work.

Awoiska’s collotype prints, which she worked on during her time at the Benrido Collotype Atelier, will be exhibited during Kyotographie 2015, at the Kouseiin from April 18-22 and at the Kyoto Hotel Okura from April 23-May 10.

Hariban Award 2015 Details

「手作業」はあなたにとってどんな意味を持ちますか?

アヴォイスカ: 私にとって、被写体の根本にある核を強く求め、探し続けることは、この手作業のプロセスを行っている間も続いているのです。暗室でファイバーペーパーにプリントするという作業を通しても私はその核を探しています。それぞれの写真は私を取り巻くものへの深い愛情から生まれ来るものです。アナログの素材を丁寧に手で取り扱うということは、私が深く関わるモノや状況、そして写真へのリスペクトに深く絡み合うものです。私はこういった作業を、心を静める瞑想のようなものと感じています。

awoiska-kyoto-4

京都で印象に残った瞬間や経験を1つ教えて下さい。

アヴォイスカ: 便利堂の職人、職員の方々、そして通訳の方に“グッバイ”を言った瞬間はまさしく感動的な瞬間でした。私の京都での滞在の全てはアート作品を作り出すためのものであり、職人さんたちとのコラボレーションなくしては成しえなかったものでした。2週間の間、限られた時間の中でプリントを作り上げるために、職人さんたちと私はともに懸命に作業を行いました。この共同作業により私たちの間には強い絆が生まれました。良いアート作品を生み出すに当たって、この絆ほど素晴らしい基礎となるものはありません。

コロタイプ印刷を学び一番驚いたことは何でしたか?

アヴォイスカ:デジタルの部分です。ネガをスキャンする、デジタルデータを直接使用するとなどのデジタル技術を一部取り入れることで、コロタイプという伝統的な技術の可能性を高めることができるということは素晴らしいと思いました。デジタルデータを用いることで新しいネガフィルムシートが作られ、コロタイププリントの最終的な出来上がりのサイズを決定することができます。このステップなしでは私の作品を60×50 cmというサイズのコロタイプ印刷に仕上げることはできませんでした。これによって、コロタイプが様々なイメージの作成に関わる人々にとってより取り入れ易い技術となったと思います。デジタル技術を取り入れるという選択をした便利堂工房に大きな称賛を送りたいです。

これからもまたこの技法でプリントをしたいと思われますか?

アヴォイスカ: 絶対にまた便利堂コロタイプ工房に帰ってきてもう一度コラボレーションさせていただきたいと思っています。審査員の太田菜穂子さんは「究極のマニュスクリプトとして、ご神体となる書や経文の印刷に用いられるコロタイプは、密度と精度を秘めた作品に出会うことで、その内側に隠されていたメッセージ、精神の有り様を呼び起こす力を持っています」と述べられています。これは私の作品の場合にも非常によく当てはまります。私は写真撮影の際、私たちが目に見える範囲を超えた存在を感じたいと思っているからです。現在、日本で新しい写真作品の撮影を行っています。これらの作品が最終的にコロタイプでプリントされることを願っています。

awoiska-kyoto-6

あなたは通常一人で作品を作り上げていると思いますが、便利堂コロタイプ工房とコラボレーション経験があなたのこれからの作品作りにどんな影響を与えると思われますか?

アヴォイスカ: 私自身の希望のイメージ通りに職人さんたちにプリントしてもらうためには、自分の作品がどのように刷り上ってほしいのかというイメージを正確にはっきりと持つ必要がありました。このことは私にとって良い経験となりました。そしてそのイメージを通訳を通して伝えなければならなかったですし、コロタイプは私にとって初めての出会った技法でしたので、大変な挑戦になりましたが、パーフェクトな結果をとなってくれました。この経験を通して私自身の作品を刷り師さんたちの目を通して見るということを学ぶこともできました。私は普段自分で自分の作品を見る際の「目線」を一度手放し、コロタイプ技法がどのように私の作品に深みを与え、細部の描写や素材の繊細さを引き立たせ、作品の最終イメージを変えてくれるかという「目線」で自分の作品を見るようにする必要がありました。私が2週間の滞在した間に最終版の印刷に必要な、完璧なテストプリントを完成させることができました。そして刷り師さんたちは私なしで最終版のプリントを仕上げてくれました。正直に言うと、そんなことは無理ではないかと感じていたのです。最終作業を他の人に任せるなんてどうしてできるでしょうか、と。でも結果は素晴らしいものでした。そして、ここでも私は将来に役立つことを1つ学びました。その職人さんたちが自分の作品をよく理解して下さっていることを信頼できるならば、彼らに自分のプリントを任せてしまうことは可能なのです。

「Hariban Award 2014」で最優秀賞に選ばれたアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏が京都に2週間滞在し便利堂コロタイプ工房の職人とともに作り上げたコロタイププリントの展示を行います。下記詳細をご覧ください。
Kyotographie 京都国際写真祭 2015 Associated Program
HARIBAN AWARD 2014受賞作品
Awoiska van der Molen コロタイプ写真展 ”Sequester in Collotypes”
2015年4月18日(土)~22日(水)11:00~18:00
二条木屋町、ホテルオークラの裏に立つ旧薩摩藩士伊集院兼常邸であった廣誠院が会場となります。七代目小川治兵衛による庭もすばらしく、繁華街の近くにありながらその雑踏から隔絶された素晴らしい空間です。まさに彼女の作品にぴったりです!ぜひお立ち寄りいただき、Awoiska作品と廣誠院の融合をお楽しみください。
施設入場料700円
11:00-18:00  18日には作家による写真集サイン会を実施します。
会場 臨済宗保水山廣誠院
住所 京都市中京区河原町通り二条下ル東入ル一之船入町538番ノ1

4月23日(木)~5月10日(日)は「京都ホテルオークラ」地下1階で引き続き展示を行います。(無料)

Hariban Award 2015の詳細

Categories
Hariban Award

The Winners of Hariban Award 2014

2014 marked the first year for the Hariban Award, an innovative prize that offers one photographer the opportunity to work with the master artisans at the Benrido Collotype Atelier in Kyoto for two weeks, all-expenses paid. The jury was comprised of Simon Baker (Curator of Photography/International Art, Tate Modern), Naoko Ohta (Curator, Gallery 916/Tokyo-Ga Project), Tsuguo Tada (Special Editorial Advisor, Iwanami Shoten) and Tsuyoshi Ito (Program Director, Project Basho/ONWARD). In its inaugural year, the competition received 131 submissions from around the world.

Grand Prize Winner

最優秀賞

Awoiska van der Molen — www.awoiska.nl

The 2014 jury chose Dutch photographer Awoiska van der Molen as the grand prize winner. Awoiska spent two weeks in Kyoto in 2014 working with collotype masters, and her resulting images will be displayed this April at the Kyotographie, an international photography festival in Kyoto. In the video below, Awoiska describes her experiences at the atelier.

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン

厳正なる審査の結果、最優秀賞にはオランダ出身の写真家アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏が選ばれ、昨年秋には京都での2週間のレジデンス、およびコロタイプ職人によるプリント制作が実施されました。アヴォイスカ氏の京都での制作の様子は、こちらから。

Bio

Awoiska Van der Molen is known for her monochrome landscapes, which in her words “arise out of a desire to penetrate deeply into the core of the isolated world in which she photographs.” In 2011 she was the finalist at the Hyères Photography Festival in France and in the same year she won the Alt. + 1000 prize at the Festival de la Photography de la Montagne, Rossinière, Switzerland. Her first monograph ‘Sequester’ published in 2014 was awarded the Silver Medal at the ‘Best Book from All Over the World’ competition. Awoiska van der Molen is represented by Kristof De Clercq Gallery, Ghent (BE) and Purdy Hicks Gallery, London (UK). Currently based in Amsterdam and Umbria, Italy.

Juror’s Statement

“Awoiska van der Molen was a strong choice for the Grand Prize of the Hariban Award 2014, and richly deserves the exciting opportunity to work with the skilled technicians at Benrido. Her work is among the finest contemporary black and white photography being produced in Europe at the moment, and her own print-making of an exceptionally high quality. But it is also true to say that in her exquisite images of nature especially, through her close attention to the play of light and shadow have much in common with some of the historic masterpieces produced as collotypes at Benrido.” — Simon Baker (Curator of Photography/International Art, Tate Modern)

プロフィール

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンはモノクロの風景写真で知られている。彼女の写真作品は、彼女が撮影するような日常から隔てられた世界に深く分け入りたいという欲求から生み出される。2011 年フランス・イエール写真フェスティバルファイナリスト、同年スイスAlt.+1000 写真フェスティバル competition 受賞。2014年に刊行された彼女の最初の写真集『Sequester』は、「Best Book from All Over the World」コンペティションで銀メダルを受賞した。作品はKristof De Clerq Gallery(ベルギー・ゲント)、Purdy Hicks Gallery(ロンドン)で取り扱われている。現在はアムステルダムとイタリア・ウンブリアを拠点に活動中。

講評

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンは、Hariban Award2014 のグランプリ受賞者として選ばれるべくして選ばれた。彼女は便利堂の熟練した技術者たちと作業を行うという刺激的な機会を享受するにふさわしい写真家である。彼女の現代的なモノクロ写真は、現在のヨーロッパにおける最も上質な作品のひとつであり、それは自身の卓越したプリント技術によって制作されている。と同時にこうともいえるのも事実である。すなわち、自然を写した繊細で美しい彼女の作品は、光と影の綾に細心の注意を払うことにより生み出されるが、それは便利堂がコロタイプにより手がけてきた写真の歴史的名作と共通点が多いということである。
サイモン・ベーカー(英国国立美術館テートモダン、写真/国美術部門チーフキュレーター)

Special Prize Winners

審査員特別賞

The jury awarded three photographers special recognition for their excellent work. These photographers will have their work published in the Collotype catalog.

  • Antony Cairns: London-based photographer Antony Cairns, who spends most of his time photographing the city, has a practice deeply rooted in exploring the boundaries and fragility of chemical-based photography.
  • Marco van Duyvendijk: Marco van Duyvendijk has traveled through Eastern Europe and Asia making work, and in 2014 published a photo book about Riko, a butoh dancer in Kyoto.
  • Tenmi Hanagi: Tenmi Hanagi, a self-taught artist, has exhibited her work solo since 2003, mainly in Tokyo.

素晴らしい作品を応募された3名の写真家に、審査員特別賞が進呈されました。彼らの作品は、コロタイプカタログにて出版されます。

  • Antony Cairns(アントニー・ケーンズ):ロンドン生まれ。故郷の街ロンドンの風景を撮影し続けている彼の作品は、薬品を用いた写真という媒体の不安定さ、境界線を探求することに深く根付いている。
  • Marco van Duyvendijk(マルコ・ヴァン・ダイヴァンデイク):オランダ生まれ。東ヨーロッパおよびアジアを旅して作品を制作。2014年には京都の舞踏家Rikoを撮影した写真集を出版。
  • Tenmi Hanagi(花木テンミ):独学でドローイングや貼り絵を制作し始める。2003年には写真を用いた作品を主に東京で発表している。

Other Recognitions

佳作

Six additional photographers received honorable mentions.

  • Zen Teh
  • Dongwook Lee
  • Yutaka Matsubara
  • Hiroyoshi Inoue
  • Dana Fritz
  • Brett Henrikson

Hariban Award 2015 Details

佳作には下記の6名が選ばれました

  • Zen Teh
  • Dongwook Lee
  • 松原 豊
  • 井上 博義
  • Dana Fritz
  • Brett Henrikson

Hariban Award 2015の詳細