2014 ハイライト

2014年はHariban Awardの1年目でしたが、この革新的な賞は、主催者の招待で選ばれた写真作家に、京都の便利堂コロタイプ工房の熟練の職人ととも制作をするという機会を提供するというものでした。審査員はサイモン・ベーカー(英国国立美術館テートモダン、写真/国美術部門チーフキュレーター)、太田菜穂子(Gallery 916/Tokyo-Ga Project キュレーター) 多田 亞生(岩波書店、元美術部美術書編集長)、伊藤剛(Project Basho/ONWARDプログラムディレクター)でした。初めての年で、世界各国から131の写真家からの応募がありました。

受賞者

最優秀賞

Awoiska van der Molen(アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン)[www.awoiska.nl]

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンは彼女の言葉をかりると、”彼女が撮影するような日常から隔てられた世界に深く分け入りたいという欲求からおこる” モノクロの風景写真で知られている。2011年フランス・イエール写真フェスティバルファイナリスト、同年スイスのロシニエーネにて行われたのMontagne写真フェスティバルにて、Alt.+1000 賞。2014年に刊行された彼女の最初の写真集『Sequester』は、「Best Book from All Over the World」コンペティションで銀メダルを受賞した。現在はアムステルダムとイタリアのウンブリアを拠点に活動中。作品はKristof De Clerq Gallery(ベルギー・ゲント)、Purdy Hicks Gallery(ロンドン)で取り扱われている。

Awoiska van der Molen
Awoiska van der Molen

審査員特別賞

Antony Cairns(アントニー・ケーンズ): 故郷の街ロンドンの風景を撮影し続けているアントニー・ケーンズは、薬品を用いた写真という媒体の不安定さ、境界線を探求することに深く根付いた作品を制作している。

Antony Cairns
Antony Cairns

Marco van Duyvendijk(マルコ・ヴァン・ダイヴァンデイク): マルコ・ヴァン・ダイヴァンデイクは東ヨーロッパおよびアジアを旅して作品を制作。2014年には京都の舞踏家Rikoを撮影した写真集を出版している。

Marco van Duyvendijk
Marco van Duyvendijk

Tenmi Hanagi(花木テンミ): 独学でドローイングや貼り絵を制作している花木テンミは、2003年から写真を使った作品を発表、主に個展を東京で行っている。

Tenmi Hanagi
Tenmi Hanagi

ファイナリスト

佳作には下記の6名が選ばれました。

  • Zen Teh
  • Dongwook Lee
  • 松原 豊
  • 井上 博義
  • Dana Fritz
  • Brett Henrikson

Brett Henrikson
Brett Henrikson

審査員からの講評

サイモン・ベーカー(英国国立美術館テートモダン、写真/国美術部門チーフキュレーター)

アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンは、Hariban Award 2014 のグランプリ受賞者として選ばれるべくして選ばれた。彼女は便利堂の熟練した技術者たちと作業を行うという刺激的な機会を享受するにふさわしい写真家である。彼女の作品は、現時点のヨーロッパで現代モノクロ写真の中で最も上質な白黒プリント作品のひとつであり、それは彼女の卓越したプリント技術によって制作されるものである。しかし同時に、彼女の繊細で美しい自然のイメージ、特に彼女が最もこだわっている光と影の綾に細心の注意を払うことにより生み出されるイメージは、便利堂がコロタイプ技術を使って手がけてきた歴史的名作写真と共通点が多いこうともいえるのも事実である。つまリ、彼女の作品はコロタイプの過程を経るのに、最もふさわしい作品なのである。

多田亞生 (岩波書店 元美術書編集部美術書編集長)

このたび、最優秀賞受賞したアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンは、いくつかの人里はなれた島嶼を訪れている。彼女はその都市と群衆の喧噪からまったく隔絶した天地創造の始原ともいえるような風景なかに身をおいて、自分自身と向かいあった体験を写真で表現した。
Hariban Awardは、現代における多様な写真表現において、コロタイプという技法を用いることによる全く新しい基準、新しい見え方の方法を生み出す契機になることと思う。

太田菜穂子 (東京画、Gallery 916 アソシエイツ・キュレーター)

今回は受賞作品が世界最高の印刷技術のひとつ、コロタイプで印刷されるという “その次” を見ることが出来るというのですから、興味も喜びもひとしおでした。既に素晴らしいクオリティーを持った作品が、コロタイププリントとして如何に強い作品となることかと、楽しみでなりません。最優秀賞のアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレンさんの作品は“ 今は見えない世界の先にある存在” への強い目力が感じられるランドスケープとして印象に残りました。コロタイプは、密度と精度を秘めた作品に出会うことで、その内側に隠されていたメッセージ、精神の有り様を呼び起こす力を持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *